高橋一生、ヒマワリしか扱わない花屋に転職!?

“朝ドラ”「わろてんか」(NHK総合ほか)で、朝から全国のファンを魅了している俳優・高橋一生を起用した、ヘアケアブランド「ディアボーテ HIMAWARI」の新TVCM「出会い篇」と「拾いもの篇」が、1月26日(金)から全国で順次放映されることが分かった。

【写真を見る】あの人気ロックバンドの女性ドラマーが美髪ショットを披露

“ヒロイン”を務めるのは、ゲスの極み乙女。のドラマーほな・いこかこと、さとうほなみ。また、TVCM放映に先駆けて1月22日(月)から、WEB限定で「出会い篇」(90秒バージョン)が同ブランド公式WEBサイトにて先行公開される。

CMでは、高橋演じる真っすぐなサラリーマン・ナオキが、ひょんなことからヒマワリしか扱わない花屋の店員として働くことに。その花屋の少し変わった店主・ハルカを演じるのが、さとうほなみ。この2人の出会いによって物語は動きだす。

二篇共に、大人の女性が思わず共感してしまう内面や髪に“ゆがみ”を抱えた女性・ハルカと、真っすぐな元サラリーマン・ナオキの対比や掛け合いによって、「ゆがんだところも、愛す。」という新キャッチコピーを体現するドラマ仕立てのTVCMとなっている。

高橋の心引きつけるような表情で締めくくられるラストは、「ゆがんだところも、愛す。」のコピーと相まって「ディアボーテHIMAWARI」が、女性の髪の悩み“髪のゆがみ”に寄り添うブランドである、ということを強く印象づけている。

同CMはヒマワリに囲まれた暖かな世界を演出しているものの、撮影は本格的な冬支度が始まった12月。待ち時間はベンチコートを着込むほどの冷え込みの中で、大変ハードな撮影が行われた。

2人は初共演にもかかわらず、撮影開始からすぐに息の合った演技を見せ、撮影スタッフも思わずその空気感に引き込まれてしまうほど。高橋は、今回の役柄である真っすぐなサラリーマンから花屋の店員への転身をさらりと演じ、まるで映画を撮っているかのような圧巻の演技力を見せつけた。

さとうは、あまり表情を見せないミステリアスな女性役だったが、撮影終了時にスタッフからヒマワリの花束を手渡されると満面の笑顔を浮かべた。

高橋は「わろてんか」の他、20日には長澤まさみと久々の共演を果たす映画「嘘を愛する女」が公開。ミステリアスな役どころを好演し、またまたファン層を拡大している。

一方、さとうの方も、昨年「黒革の手帖」(テレビ朝日系)で女優デビューを果たすと、その後も「おとなの土ドラ『さくらの親子丼』」(フジテレビ系)、そしてことしは舞台「ドアを開ければいつも」でメインキャストを務める。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.