「劇団4ドル50セント」リアル”ジャイ子”がモデルデビュー ぽっちゃり界の頂点目指す

1月20日発売の「la farfa3月号(ラ・ファーファ)」(ぶんか社・奇数月20日発売)にてモデルデビューを果たした女優・隅田杏花が話題になっている。

隅田は、秋元康が手掛ける初の劇団「劇団4ドル50セント」の劇団員。モデル初挑戦となった「la farfa」誌面では、私服5コーデを披露した。

中でもデートスタイルは全体的に白で清潔感を出した可愛らしいコーディネートだが、Twitterではファンから「ジャイ子ちゃん?」「ベレー帽が可愛い。ジャイ子に似てる!」など、思わぬ反応が。これには、本人も「しっかり、ジャイ子ですよね笑笑」「ジャイ子最高★」とコメント。そんな明るいキャラクターも隅田の魅力の1つだ。

隅田が所属する「劇団4ドル50セント」は秋元 康が手掛ける男女30名からなる演劇集団。2月8日〜12日には紀伊国屋ホールにて、旗揚げ公演「新しき国」が決定している。約30名の劇団員の中で、隅田は唯一のぽっちゃりキャラ。その大きな体型と個性を活かし、「デブ女優で1番を目指している」とも語っている。

「la farfa」は、日本初のぽっちゃり女子向けファッション誌。隅田が登場する3月号ではAS KNOW AS olacaとコラボした2色パレット×4個セットの付録が人気で、
書店では早速売り切れる店舗が続出。また、「今▷春まで着回せるぽちゃカワ服」特集等盛り沢山な内容となっている。

ぽっちゃりモデルデビューを果たした隅田杏花。モデルとしても、女優としても、今後の活躍に注目が集まる。

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.