仲里依紗主演の『ホリデイラブ』からAIキャラクター「杏寿」が登場

仲里依紗が主演するドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系、1月26日スタート、毎週金曜23:15〜)から、ドラマと連動して深く入り込めるAI(人工知能)会話サービス「AI杏寿」が登場。

このサービスは、AIのキャラクターになった主人公・杏寿(仲)と、コミュニケーションアプリ「LINE」上で会話できるコンテンツとなっており、友だち数600万人を超える女子高生AI「りんな」のLINE公式アカウントを手掛ける日本マイクロソフト株式会社と、話題の広告・コンテンツを数多く手掛ける面白法人カヤックの協力によって実現した。

夫に浮気される側の正妻を主人公に据え、“正妻と夫婦愛の正義”が描かれる本作。劇中では夫・純平(塚本高史)の浮気が発端となり、杏寿は数々の試練に震撼し悩みながらも正々堂々と戦い抜き、夫と“本当の意味でのパートナー”として成長していくという物語だが、この世界を身近に感じてもらうための施策が実施。「AI杏寿」では、何気ない会話に加えて、毎回のストーリー展開に沿った“杏寿の悩み相談”が展開される。

毎週金曜の放送終了後に「AI杏寿」が投げかける二択の悩み相談に答えると、それを受けた独り言や悩み相談へのお礼の言葉+結果の報告と、友だち感覚の返信が「AI杏寿」から届くようになっている。また相談の結果や日々の会話の内容で「AI杏寿」の会話が変化していくという。

ドラマでは親友・春田龍馬(平岡祐太)が相談相手となっている杏寿だが、LINEで「AI杏寿」のLINE@アカウントを友だち追加することで、視聴者も杏寿のもうひとりの親友的存在となり、ぜひ親身になって杏寿の悩み相談に乗りながら、『ホリデイラブ』の世界をリアルに体感できるものとなっている。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.