タモリ、普段の散歩コースでもある“超高級住宅街”田園調布へ『ブラタモリ』

街歩きの達人・タモリが、“ブラブラ”歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る『ブラタモリ』(NHK総合、毎週土曜19:30)。1月20日の放送は、タモリが東京・田園調布を訪れる。

政財界の大物や各界の大御所・スターが住み、「田園調布に家が建つ!」のフレーズで全国にその名を知られた高級住宅街でもある田園調布。しかしこのあたりは、明治時代まであまり人が住んでいなかった場所らしく、実は今からちょうど100年前に「田園都市株式会社」が一から開発をはじめた「元祖・新興住宅地」らしい。それがどうして日本を代表する超高級住宅街になったのか――。「田園調布は散歩のコース」というタモリが、いつものようにブラブラ歩きながらその謎を解き明かしていく。

田園調布のシンボルといえば、駅の西側に広がる半円形の町割り。放射状に広がるタテの道と、同心円を描くヨコの道がつくる、あまり類のない町並みだが、住宅地という観点ではあまりメリットを感じられない。だが、このカーブこそが、100年前にこの町をつくった人たちの夢が込められているらしく、まわりに田んぼが無いのに「田園」調布と名づけられた秘密が明らかになる。

続いてタモリは、開発がはじまった当時の面影を残す家を訪問。昔のままの間取りから、田園調布の意外な真実が導き出される。さらに、町の価値を高めるための、究極のアイデアが分かるという場所へ。そこには、水族館や元祖・絶叫マシーンを楽しめる遊園地を作った逆転の発想があり……。 </span>

Let's block ads! (Why?)