斎藤工、正体を隠して芸人デビュー!初のネタ披露

野性爆弾のくっきーが初プロデュースした芸人“人印(ピットイン)”が主演を務める『MASKMEN』(テレビ東京系、毎週金曜24:52〜)の第2話が、1月19日に放送。人印の誕生秘話が明かされる。

本作は、人印の成長過程を記録したドキュメンタリードラマ。人印は、サンドウィッチマンや永野ら人気お笑い芸人が所属するグレープカンパニーのホームページに突然掲出され、芸人たちにも正体は明かされておらず、その姿はひときわ異彩を放っていた。

第1話では、人印の“中身”が斎藤工であることが明らかに。「本気で芸人になる!」と芸人仲間に宣言した斎藤。覆面をかぶり“俳優・斎藤工”を隠した状態で芸人に挑戦すると豪語した。

第2話では、なぜ斎藤がくっきーにプロデュースをお願いしたのか、“人印”と名付けられたマスク芸人の誕生の経緯が明らかになる。そして、斎藤はさっそくネタを披露することになり……。 </span>

Let's block ads! (Why?)