テーマはスヌーピー!「ピーナッツ ホテル」神戸に2018年開業

【ピーナッツ ホテル/女子旅プレス】兵庫県神戸市に、スヌーピーやピーナッツに登場する個性的なキャラクターをテーマにしたデザインホテル「ピーナッツ ホテル(PEANUTS HOTEL)」が2018年夏に誕生する。

「ホテル インディゴ」日本初上陸、箱根・強羅に2019年開業へ

♥スヌーピーがテーマのデザインホテル

神戸は日本が誇る観光都市。古くからのレトロな街並みが残った“異人館”や“旧居留地”など、明治時代に開港した神戸の港から西洋と東洋の融合した神戸ならではの異国情緒あふれる文化を作り上げ、現在でも年間100万人を超える旅行客が国内外問わず多く訪れる。

「ピーナッツ」の原作者チャールズ M. シュルツがアトリエを構えた、古き良き時代を継承しているアメリカ・サンタローザの街や自然とともにあるカリフォルニアの空気感は、神戸のレトロモダンな雰囲気と一致。同ホテルは、ミッドセンチュリー調の家具や日本の洗練されたモダンをちりばめた、どこか懐かしく新しいちょっとしたユーモアを感じる空間となっており、愛らしいピーナッツのキャラクターたちがゲストをお出迎え。1Fには東京・中目黒で人気の「PEANUTS Cafe」も併設し、食事やお土産グッズの購入をすることも可能だ。

時代や世代を越えピーナッツのルーツを感じることができ、様々なゲストとの繋がりやコミュニティが生まれ、「PEANUTS HOTEL」で過ごし出会った人々の心が温かくなる、そんなカジュアルでフレンドリーなデザインホテルとなる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

♥ピーナッツ ホテル(PEANUTS HOTEL)

オープン日:2018年夏
客室数:全18室

情報:株式会社ポトマック

【Not Sponsored 記事】

</span>

Let’s block ads! (Why?)

No tags for this post.