壇蜜、女優として話題作へ多数出演も「向いていないの一点でしょうね」

家族を失った少年と、実直に生きる豆腐屋との運命の出会いを描く、小林稔侍主演の映画「星めぐりの町」が、1月27日(土)より全国公開。

【写真を見る】壇蜜が色っぽくカメラをのぞき込んでくれた

本作で、小林演じる主人公・勇作の一人娘であり、自動車修理工場に勤める島田志保役の壇蜜にインタビューを行った。

作品に参加した感想や、演じた志保のキャラクターについて、父親役の小林とのやりとりなど、余すところなく語ってもらった。

――脚本を読まれた感想を教えてください。

3.11(東日本大震災)がつなぐ“これから”を描くということは、デリケートな映画になるのかなと、とても緊張しました。起きたことが、とても重大でショッキングなことですから。

そこから、どうやって一人の少年が違う土地で生きていくのか。途方に暮れるような大変なことだと思うんですよ。そんな彼のこれからを助ける一員に自分が選ばれたのは光栄だし、だけど心配だなという気持ちでした。

――ご自身が演じられた志保の印象はいかかでしょうか?

お母さんを随分前に亡くしていて、面影に思いをはせる時間も少ない中で、お父さんと二人で暮らしている。でも、その日常に対して悲観していないし、覚悟をしているわけでもない。

家があって、仕事があって、職場には上司と部下がいる。しっかりと現実を受け止めながら日々を生きている女性。実際に、豊田市で生活している人たちと何ら変わりがない暮らしをしているんですよ。

だから「この町から出たい」とか「この町が大好き!」というテンションでもない。本当に豊田市をそのまま歩いているような人なんです。

そんな人物を世田谷区民の私ができるのかという不安はありました(笑)。でも、豊田市に行ったら、どうにかなるのかなという気持ちもあって。行かないと分からないですからね。

だから、撮影で12日間連泊できたことが何よりもラッキーでした。自分の家に戻らなかったことで、入りやすく、ちゃんとできたのかなと思います。

――確かに、劇中に出てくる父娘の暮らしには懐かしさを感じました。

パッと見、昔話ですからね。囲炉裏があったし。むしろ冷蔵庫があって、洗剤とスポンジを使って洗い物をしていることに違和感を覚えました。川に行かなくていいのかなって(笑)。そう思うくらいすてきな古民家でした。

囲炉裏のちょっと苦しいような、むせるような臭いもやみつきに。どこか温かいものを感じて、お芝居をする上でそういう環境に助けられたことが大きかったですね。

――演じる時は、どんなことを心掛けましたか?

私は、割と監督や共演者ありきで考えるタイプなんです。一人で役のことを考えて演じるのは苦手なのかもしれません。監督が求めているものを尊重しながら自分の“個”みたいなものを後ろに持って行くような感じです。

今回は、私と志保が似ているという黒土(三男)監督からの説明から入って、役を作っていきました。

――監督の演出で印象に残っていることはございますか?

志保は、いつもニットを着ているんですけど、監督の中では「これ!」というものがあったみたいです。何となくしっくりきたんでしょうね。家で日本画を管理していたり、工場のつなぎを着たまま後輩とラーメンを食べに行ったり、ライダースーツ姿でバイクに乗ったり…。

志保のコスプレみたいに、服のバリエーションは多かったですね。でも、選んだのは監督一人だったので、全くおかしいところは見当たらなかったです。

――志保は自動車工場勤務。バイクにも乗っている女性ですが、壇蜜さん自身はメカニックに強いタイプですか?

私は、何かを組み立てようとすると、謎のねじが残ってしまうタイプ(笑)。なかなか、志保のようにはいかないですね。壊れた物とか、どこかが欠けてしまったものを修理に出したり、自分で何とかしようと思った物が、元通りになった時にはうれしさを感じますけど。

もし、志保も自分の力で直せることに喜びを感じているとしたら、素人とプロの違いはありますけど同じ気持ちを共有できているのかなと思います。

――志保の父・勇作を演じた小林稔侍さんとの共演はいかがでしたか?

もう、そのまんまお父さんでした。監督が、お父さんとしての勇作というキャラクターについてしっかり私に説明してくださったので、演じていてもお父さんという目で見ることができました。

お父さんの動きや、震災で家族全員を失った政美のこと、その二人がどんな風に仲を深めていくのかを見る時間が長かったですね。自然な形で二人に意識が行くような現場。小林さんは、家に帰ったらこういう人が住んでいるんじゃないかと思うくらい“古民家にいるお父さん”という姿がなじんでいました。

――政美役の荒井陽太くんはオーディションで選ばれたんですよね。

弟思いで、すごく優しい子なんです。映画初出演ですから緊張していましたね。実生活ではお父さんもお母さんもいるので、家族を亡くした気持ちをどんな風に表現していくのか。ご両親が撮影現場を見学していましたから。その中で、戸惑いながらも必死にお芝居をしている姿が印象的でした。

――生きていくことの大切さが伝わってくる物語が展開される中、ただ悲しい、ただ辛いだけではなく、どこかほのぼのとしたシーンも見られます。

時には落ち込んだり、悲しい出来事を思い出したりすることもあるだろうけど、まずはしっかりと生活が整う姿を映画の最後に持って行きたかったんだなと思いました。その生活がちゃんと見えていた方が、政美の心が少しずつ変わっていく様子も伝わるのかなと。

政美が、勇作と志保に近付いていく感じを、まるで野生動物の餌付けを見守るような目で見たりして。そういうシーンがあったことは、少し救いになったのかなと思います。

――志保が政美にかまれるシーンも!?

かんだ後、ずっと机の下に隠れて出てこないんですよね(笑)。でも、そんなになるまでのことがあったんだなと思ったら、強く叱れない志保がいたんだろうなと思って。そうは言いつつも、ちゃんと律しなきゃいけないところもあるので、勇作と志保の心も揺れていたんでしょうね。

――政美にとって、勇作や志保との出会いは運命的なもの。壇蜜さんにとって、思い出に残っている出会いはありますか?

後から振り返って、あの時にああいう人がいなかったら、私は何も知らないまま年を取っていたのかなと思う出会いがあります。あれは、20歳ぐらいの頃。当時、私は教員課程の勉強をしていて、品川駅からバスに乗って研修を受けに行っていました。

それは、1〜2週間は通わないといけないものだったんですけど、何日目かの時にすごく雨が降っていたんです。品川駅からバス停まで結構距離があったのでまいったなぁと思っていたら、突然傘を渡されて。

その人は、私と同い年ぐらいの青年。かなりボロボロのビニール傘だったんです。私は「いいです」って断ったんですけど、彼は「これから傘を必要としないところに行くんで」とかなんとか言って…。

――なんか、恋愛ドラマのような展開ですね。

でも、私に傘を渡して、彼はそのまま行っちゃうんですよ(笑)。その時に、世の中にはこんな人もいるんだなって。良くも悪くも、自分が理解できないことをする人がいるということを知りました。

結局、そのボロボロの傘を差してバス停まで行ったんですけど、いろいろ考えたんです。自分の物差しで「これは面白い」とか「これは間違っている」と決め付けることは何て愚かしいことなのかと。わけが分からないって言うことは簡単。

でも、わけが分からないことに身を投じるのは、もしかしたら寿命を縮めてしまうかもしれないけど、やみつきになるだろうなって。その結果、後に遺体の衛生保全をやったり、芸能界に入ったりしたんでしょうね。

――そんな中で、女優として演じることの面白さを感じる瞬間は?

女優に関して言うと、向いていないの一点でしょうね。自分には向いていないと思うことの大切さに気付かされました。その中で監督と話し合いながら摺り合わせていって、共演者の方たちにも助けられて何とか形になっている。

しばらくは、それでいいんじゃないかと思っています。作品を盛り上げる手伝いに選ばれたんだったら、ちゃんとその務めを果たそうと。

――何かを作るという喜びは?

きっと感じると思うんです、この先。でも、今じゃない気がします。今は、まだ過程で、出来上がったものがしっかりテレビに映って、そこで安堵(あんど)して、また次へという感覚。

いずれ、その安堵のポイントが演技が終わった後に移行される日が、そこにうれしさを感じる瞬間が来るんでしょうけど、今ではないかなと思っています。

――2018年になって、その〜、何と言いますか、壇蜜さんも新しい年を迎えて目標を…。

今、私に今年の目標のようなものを聞こうとしたけど、途中で「そんなこと考えたりしないよなぁ」って思いましたよね(笑)。

――いやいや、質問しておきながらこんなことを言うのはおかしいんですけど、私自身は目標を立てるタイプではないので…。

それは、右に同じです(笑)。だけど、できれば健やかでありたいとは常に思っています。現状、健やかではないとなると、多大なる迷惑をかけてしまう環境で働いているので、不調なところは絶対に見せない一年であれと、毎年願っています。

後は、できるだけ“10%増量”って書いてある詰め替え用のものは、ちゃんと見つけたい(笑)。

――結構、あるんですよね。油断していると、つい見逃してしまいます(笑)。

そうなんです、ちょこちょこあるんですよ。ヤツらは、普通のサイズに混ざっていたりしますからね。ここ4、5年は、それを逃さずしっかり見つけようと思っています!って、これ、何の話ですか(笑)。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.