デビュー決定『King&Prince』“初代”リーダーは岸優太 

 ジャニーズ事務所のグループ『King&Prince』が今春、ユニバーサルミュージックからCDデビューすることが決定。メンバーの平野紫耀(20)、永瀬廉(18)、高橋海人(18)、岸優太(22)、神宮寺勇太(20)、岩橋玄樹(21)が17日、都内で会見を行った。これまで同グループはMr.KING(平野、永瀬、高橋)とPrince(岸、神宮寺、岩橋)の3人ずつで活動。しかしこのたび結成時(Mr.King vs Mr.Prince)の6人で晴れてデビューすることとなり、平野は「最初は6人で3、3で別れたんですけど、その時に培ったものがまた6人で合わさったときに爆発できると思うので期待して」とパワーアップを約束した。

【写真】新レーベル・Johnnys’Universe設立

 そこで気になるのが“リーダー”。集まったファンから一斉に「岸くん!」と最年長の岸を推す声が飛び交ったが、本人は「絶対に無理」と断固拒否。平野が「年齢的には岸くんだけど自分ではナシって…」と水を向けられた岸が「みんなそれぞれの良さをもっててるので俺ではない」と恐縮。なかなか決まらないなか、永瀬が「僕的には最年長、人生経験が多い人に引っ張ってもらいたい。岸くんは(Jr.)歴も長い」と再び岸を指名し「初代リーダーで!」とちょっぴり強引に決定した。

 ファンも拍手で後押しし、“暫定リーダー”に就任した岸は、早速リーダーとしての意気込みを求められると「まんしんひとすじ!」と自信たっぷり。周囲をキョトンとさせるなか「邁進?」と報道陣から訂正されると、永瀬は「多分これ、一週間ももたないかも…」と突っ込むなか、岸は「邁進一筋!」と仕切り直して和気あいあいとしたスタートを切った。

 同グループはジャニーズ事務所とユニバーサルミュージックが初のタッグを組んだ新レーベル・Johnnys’Universe(ジャニーズユニバース)の第1弾アーティストとなる。世界的なアーティストを多く抱えるユニバーサルミュージックとのタッグに興奮しきりの6人。憧れの人として平野はジャスティン・ビーバーを挙げ、岩橋は「空の上の存在だと思ってたんですけど」とメンバー一同「雲の上ね!」との指摘も意に介さず、「ユニバーサルさんとやると聞いてライバル視してきた」と“打倒”ジャスティンにも乗り出していた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.