【SPインタビュー】「キレイだ」…「おもしろ荘」優勝のレインボーを直撃!

「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気企画で、これまで小島よしおやブルゾンちえみらお笑い界のニュースターをを輩出してきた「おもしろ荘」。2017年大みそかの深夜(2018年の年明け)に放送された「ぐるナイ おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP」にて、見事優勝を飾ったのがレインボーだ。実方演じるポッチャリ体型の非モテ男子「ひやま」と、池田演じる離婚歴のある女性「みゆき」が繰り広げるドラマチックなコントは、司会のナインティナインも大絶賛。実方の「キレイだ」というキラーフレーズも注目を集め、早くもネクストブレーク芸人の先頭に躍り出た2人に、直撃インタビューを敢行した。

ザテレビジョン名物のレモンを持っているつもりで会心の笑顔を見せるレインボー。「皆さんもザテレビジョンを読んで、私のようにテレビ好きになりましょう!」(実方)

■ フラれた女性たちからもお祝いのLINEが来てました / 実方

――「おもしろ荘」優勝、おめでとうございます!

池田直人「ありがとうございます!!」

実方孝生「憧れのザテレビジョンさんが取材に来てくれるなんて感激です!」

――放送後の反響はいかがですか?

池田「お母さんが誰よりも喜んでくれましたね。放送を見た夜は、うれしくて眠れなかったらしくて。次の日、寝不足で仕事へ行ったら、職場の方たちからも『おめでとう』と言われたそうです」

実方「僕は、今まで見たことないくらいLINEのメッセージが溜まりました。僕は去年、3カ月の間に3人の女性にフラれてるんですけど、その3人からもお祝いのLINEが来ていて。フラれた後、『今度のライブに来てね』とか、ちょこちょこLINEを送っても、ずっとスルーされてたのに…現金なもんですよ」

――(笑)。じゃあ、新たな恋も手に入れられるかもしれませんね。

実方「いや、それはないと思います。『ありがとう』って速攻で返信したら、それは無視されたんで(笑)」

――「おもしろ荘」は、まずオンエアされる10組に勝ち残るまでが大変そうですよね。

実方「実はそこにドラマがあったんですよ。まず、一次審査で2本ネタ見せして、そこから二次へ進むと、スタッフさんから『こっちのネタをやってください』って言われるんですね。だけど僕らだけは『一次でやった2本とは別のネタを見せてください』というリクエストがあったんです。自分たちとしては、一次でやった『キレイだ』のネタが自信作だったんですけど、『しゃあない、別のヤツ持っていこう』って僕が言ったら、池田が『いや、たぶん俺たちは「キレイだ」で一次審査を通ったんだと思う』と。『きっと(ネタ披露の)制限時間の問題で引っかかってるだけだから、尺を短くして持っていこう』と言い始めて」

池田「そうそう。それで、もともと4分あった『キレイだ』のコントを、3分に作り直したんですよ」

実方「それでも二次では最初、別のネタをやったんです。そしたら、総合演出の諏訪(一三)さんの反応が今イチで。でもその直後に諏訪さん、パソコンで一次の『キレイだ』のネタの動画を見て、めっちゃ笑ってるんですよ。『でも、4分あるんだよな…』とおっしゃったのが聞こえてきたので、すぐに『3分バージョンもあります!』と言って、その場でやって見せたら、死ぬほどウケて(笑)。それで二次を通過して、その次の最終審査でお客さんの前でネタをやって、そこで何とか35組から最後の10組に残れたんです」

■ 僕らのコントは、今まで見てきたドラマから吸収したものをストレートに出してるだけ / 実方

――本番の収録はいかがでしたか?

池田「そりゃ2人とも緊張しましたよー。本番では、女性ゲストの方々に、実方が『キレイだ』と言いまくろうと、それだけはあらかじめ決めてたんです。実際、綾瀬はるかさんに『キレイだ』って言えたんで、『よっしゃ!』と思ったら、その瞬間、滝沢カレンさんとか他のみなさんに言うタイミングをことごとく逃しちゃって」

実方「最後にあわてて、岡村(隆史)さんに『岡村さん…キレイだ』って言ったら、『何で?』って返されたっていう(笑)」

――でも、そのくだりも含めて、フリートークも大ウケでしたよね。

実方「矢部(浩之)さんが、『おもろ!』『「キレイだ」って、絶対流行るやん!』っておっしゃってくださって。めちゃめちゃうれしかったです」

池田「ゲストの皆さんの顔もまともに見られないくらい緊張していたので、ナインティナインのお二人に救われた感じですね」

実方「本当にありがたかったです。本番の後も、岡村さんが『何であんな動きができるん?』『芝居習ってたん?』と声をかけてくださって」

――実際、お芝居の勉強をされたことはあるんですか?

実方「いえいえ、全く。僕らはただ、ドラマが好きなだけで。今まで見てきたドラマから吸収したものをストレートに出してるだけ、というか。コントの作り方も、『あのドラマみたいに、もっとこう動いたほうがオシャレだ』とか、『あの俳優さんみたいな、こういう言い方がかっこいい』とか、そんな感じなんです」

――ちなみに、どんなドラマが好きでした?

実方「一番はやっぱり『やまとなでしこ』(2000年フジ系)ですね。ラストの(松嶋菜々子演じる)桜子さんのセリフがすごく好きなんですよ。あと、三谷幸喜さんの脚本のドラマも大好きで。特に『王様のレストラン』(1995年フジ系)、最高ですよね。何かオシャレなんですよ」

――言われてみると、実方さんがもし三谷作品に出演していても、全然違和感がないかも…。

実方「『王様のレストラン』で言うと、田口浩正さんのポジションを狙ってます! そろそろデブも世代交代してくれませんかっていう(笑)」

池田「僕が一番好きなドラマは『最後から二番目の恋』(2012年フジ系)。僕、あまりにも好きすぎて、第2シーズン(『続・最後から二番目の恋』2014年)が始まるとき、オーディションに行きましたからね」

実方「えっ? 初耳だわ」

池田「でも、いざオーディションとなったら、ガッチガチに緊張しちゃって、結局全然ダメで…好きすぎて失敗しました(笑)」

■ 昔、さんまさんと僕のお母さんの間に何かあったのかなって… / 池田

――そもそも、お二人がお笑いの道を目指すようになったきっかけは?

池田「僕は、子供のころからずっと藤井隆さんが大好きで。歌もダンスもお芝居もできて、今でも憧れの芸人さんです。マシュー(※2001〜2006年テレビ朝日系『Matthew's Best Hit TV』で藤井隆が演じたキャラクター)も毎週見てました。当時、僕は小学生だったんで、深夜番組は見せてもらえなかったんですけど、マシューだけは許してもらってたんですよ。水曜日だけは夜更かししても怒られなかったんです」

実方「あのころのネオバラ枠(テレビ朝日系の月〜木曜夜11時台のバラエティー番組枠)って最強でしたもんね。月曜が『くりぃむナントカ』で、火曜が『「ぷっ」すま』でしょ、水曜が『Matthew's Best Hit TV』で、木曜が『銭形金太郎』。で、金曜の11時台は、僕的にはドラマの『特命係長 只野仁』が最強でした(笑)」

池田「実方は、ドラマに限らず、めちゃめちゃテレビ好きなんですよ。昔のテレビも、番組名を聞いただけで、何曜日の何時に、どの局で放送されてたか、すぐに分かるんです」

実方「なんせ僕、『ザテレビジョン』の愛読者ですから」

――ありがとうございます(笑)。では、実方さんが芸人を志すことになったきっかけは?

実方「今お話ししたように、とにかくテレビっ子だったので、小さいころにまずウッチャンナンチャンさんを好きになり、中学に入ったら今度はダウンタウンさんの大ファンになって。『遺書』(※1994年発行の松本人志の著書)を読んで、自分にも笑いの才能があると勘違いして、トンガった時代もありました(笑)。そこから、お笑い芸人が世の中で一番かっこいい職業だと思うようになり、気付いたら芸人を目指してましたね」

――会ってみたい芸人さんは、やはり松本人志さんですか?

実方「はい! ぜひお会いして、『遺書』を読んで勘違いしてたころの話を聞いていただきたいです(笑)」

池田「僕は明石家さんまさんにお会いしたいですね。お母さんがずっとさんまさんのファンで、中高生のころ、さんまさんを見るために、大阪のうめだ花月に通ってたらしいんですよ。で、今気になるのは、お母さんと一緒にテレビを見てると、ダウンタウンさんやナインティナインさんが出てるときは『ワハハ!』って普通に笑ってるのに、さんまさんのときだけ、『ウフフ』って女性の笑い方になるんですよ(笑)。昔、さんまさんとお母さんの間に何かあったのかなって…」

■ 立花ファイヤくんの人気を、よしもとは絶対知らないと思います(笑) / 池田

――ところで、「おはスタ」や「ポケモンの家あつまる?」(共にテレビ東京系)に出演している“立花ファイヤ”くんは、池田さんとは別人なんでしょうか?

池田「あ、ご存知なんですね。ありがとうございます。ファイヤくんはですね、10歳のポケモントレーナーで、一応、僕とは別人格…という設定です(笑)」

――子供たちの間では、既に大人気ですが。

池田「うれしいことに、ポケモンセンター(ポケモンのオフィシャルショップ)なんかに行くと、ファイヤくんの格好をしてなくても、小学生くらいの子たちから声をかけられるんです。この前も、『おはスタ』のスタッフさんが、大勢の子供たちに取り囲まれる僕を見て、『こんなに子供に人気があるって、よしもとはこの事実知ってるのかな?』っていうから、『絶対知らないと思います』と答えておきました(笑)」

――立花ファイヤくんも所属する「おはスタポケモン部」の皆さんからも、「おもしろ荘」優勝についてお祝いの言葉はありました?

池田「山本部長(ロバート・山本博)からすぐにLINEでメッセージをいただきました。あと、ヒャダインさんからも、『めっちゃ笑ったよ』って」

実方「それをスクショして拡散しろって言ってるんですけどね」

池田「いやいや(笑)。でも、ポケモン好きって本当にみんな仲良しなんですよ」

■ 僕ららしいドラマチックな冠番組を目指します! / 実方

――それでは、今後の展望を。出演してみたいテレビ番組はありますか?

実方「それはもう、山ほど!」

池田「僕は動物が大好きなので、『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)。あと、美味しいものが食べたいので、『青空レストラン』(日本テレビ系)もいいですね」

実方「僕は、『ダウンタウンDX』、『しゃべくり007』、『踊るさんま御殿』(いずれも日本テレビ系)…とにかく、憧れの芸人さんたちとお会いしたいです。みなさん、僕にとっては永遠のヒーローですから」

――そして、いつかは自分たちの冠番組も…?

実方「おそれ多いですけど、やっぱりそこは目指したいですね。僕ららしい、ドラマチックな番組にしたいです!」

池田「そんなん考えるの楽しいなぁ〜(笑)」

実方「この前、『(1億人の大質問!?)笑ってコラえて!』(日本テレビ系)の“ダーツの旅”を見てて、泣いちゃったんですよね。人の好さそうなおじいちゃんをご家族がいじるみたいな、何てことないシーンだったんですけど。人間誰しも、一人一人ドラマチックな人生があると思うんですよ。全国各地で、そういう感動の思い出話を聞いてまわって、僕ら2人でそれを再現する、みたいな…あれ、今、いい企画生まれちゃいましたね(笑)」

池田「あと、ラジオもやってみたいです。僕ら2人ともラジオ好きで、コンビ名を考えるとき、『◯◯のオールナイトニッポン』の響きに合うのは何だろうって、いろいろ探してるうちに、『レインボーのオールナイトニッポン』って声に出してみたら、『キター! コレだ!』と。それでレインボーになったんですよ」

――TBSラジオの「JUNK」より、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」派ということでしょうか?

実方「いやいや、どっちも好きなんです。マジで両方聴いてますし。僕らが深夜ラジオをやれるとしたら、ドラマチックな感動系のコーナーとエロ系のコーナーと、どっちもやりたいですね(笑)」

――テレビやラジオのお仕事で忙しくなっても、ネタは作り続けるんでしょうか。

実方「もちろんです!」

池田「ずっとコントはやっていたいです。まだ、やりたいネタもいっぱいあるので」

実方「隠し玉で、芸人界隈で人気のネタもありますんで。これはね、本当に面白いですよ」

池田「自分で言っちゃったよ(笑)」(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.