乃木坂46アンダーアルバム発売で寺田蘭世が思う「単なる仲良しグループで終わらない理由」とは!?

2017年3月にリリースされた乃木坂46の17thシングル「インフルエンサー」が「第59回 日本レコード大賞」の大賞を受賞したことは記憶に新しい。同曲を含め、乃木坂46の既発シングルの歌唱を担当しているのは、それぞれの曲ごとに“選抜メンバー”として選ばれた十数人だけ。残りのメンバーは“アンダー”と呼ばれているが、そのアンダーメンバーが歌う楽曲のみが収録されたアルバム『僕だけの君〜Under Super Best〜』が発売中だ。

【写真を見る】乃木坂46・鈴木絢音、樋口日奈、寺田蘭世の3人が柔らかい光の中でしっとりとグラビア撮!/撮影=大川晋児

大人数のアイドルグループの場合、シングル選抜に選ばれなかったメンバーはもちろん、その楽曲に光が当たることは少ない。しかし、いまやトップアイドルグープとなった乃木坂46は、アンダーメンバーだけで全国ツアーを開催しファンを魅了し続け、アルバムをリリースするまでに成長した。

今回はメンバーの鈴木絢音、寺田蘭世、樋口日奈を直撃。アンダーとしての活動や楽曲の魅力について語ってもらった。

■ アンダー楽曲はいい曲ばかりなんです!(樋口)

――アンダー名義では初となるアルバムがいよいよリリースされますね。

樋口日奈:ただただうれしいですね。個人的には『僕だけの君』という今回のタイトルがすごく気に入っています。乃木坂46がリリースしたアルバム(『透明な色』『それぞれの椅子』『生まれてから初めて見た夢』)にはいろんな解釈ができるタイトルが付けられてきました。どれも深い意味を含んでいますけど、『僕だけの君』って、私たちにとってはファンのみなさんだし、ファンの方にとっては応援するメンバーのことかなって。推しメン(応援するメンバー)がいない人でも誰かしら大切に思える人がいると思うので、その人の顔をイメージしながら聴いていただきたいです。シングルの表題曲じゃないので、熱心なファンの人じゃないとなかなか聞いていただく機会がなかった曲ばかり集まっていますけど、本当にいい曲ばっかりなんですよ。

――乃木坂46全体としてリリースするアルバムとは感覚が違う?

寺田蘭世:シングル表題曲のカバーとかではなく、アンダー楽曲だけでアルバムを出せることに意味があると思っています。アイドルグループのアルバムで、カップリング曲やアンダー曲だけで1枚リリースできることって珍しいですよね。私たちが歴史を刻んできた証拠みたいな作品だと思っています。グループとしては、次のシングルが20枚目になるので節目が近いですし、このアルバムが年初めにリリースされたということにも意味があるような気がしています。今後の私たちの活動がガラリと変わる!…かもしれない!?…と勝手に想像しています(笑)。

――なるほど。それぞれリリースされる意味や手ごたえを感じているようですね。

鈴木絢音:「アンダー楽曲しか収録されない」と聞いたときは、正直、不安な気持ちの方が大きかったんですけどね。でも、よくよく考えてみたら私自身、アンダーの楽曲が大好きなので“一ファンとして聞いてみたい!”とは思っていました。今までの乃木坂のアルバムとは確実に違うものになるという意味でも、アンダーを含めてグループ全体のことを知っていただく機会になればいいなと思っています。この作品をきっかけに、より多くの方にアンダーライブに興味を持っていただけたらうれしいです。

■ 乃木坂は仲の良さがにじみ出ちゃってるんだろうな〜(寺田)

――ライブを積み重ねることで相当自信がついてきたのでは?

鈴木:アンダーって、もともとは選抜に入れなかったメンバーのユニットですから、やっぱり選抜メンバーの方がパフォーマンスを披露する機会は多くありました。そんな中、アンダーライブを定期的にやらせていただけるようになってからは、ライブの本数だけならアンダーの方が多くなっているのは確かです。それによってアンダーの力は確実に上がったと感じています。選抜メンバーの誰かが別のお仕事で歌番組に出られないときに、アンダーから代打メンバーを出すことがあります。アンダーの中でもセンターとか、その周りのフロントメンバーから選ばれることが多かったんですけど、今はそれ以外のメンバーに出番が回ってきてもちゃんと対応できるようになりました。本来の意味での選抜に対するアンダーとしての役割を果たしながら、個々の出番も増えていると感じています。

樋口:それは私も同感ですね。選抜、アンダーを問わず個人で活躍している子が本当に増えましたから。モデルやバラエティー、舞台のお仕事のほかにも「将棋」や「飛行機」みたいなメンバーそれぞれの得意ジャンルでのお仕事が増えて。こんなに人数が多いグループなのに、お互いのジャンルがかぶっていないんですよ。

――ご自身も3月からの舞台(「恋するヴァンパイア」)などお芝居の仕事が増えていますよね。

樋口:本当にありがたいことです。経験を重ねることによってメンバーそれぞれが自分の色を理解して、どういう面を伸ばしたらいいのかが具体的に見えてきたんだと思います。多分、みんなが共通して考えている「自分はグループにどう貢献できるのか?」という大きな課題が、それぞれのペースではあるけどはっきりしてきているのかなって。

――個々の充実がグループの活動にもつながってきていると?

樋口:そう思います。私のお芝居の経験もそうですけど、蘭世のコラム(「らんぜのNEWSがとまらんぜ」ニッカンスポーツ・コム)とか、絢音ちゃんの飛行機のお仕事もそうですし。

――そう言えば、鈴木さんは「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)の飛行機の回に出演されていましたね。

鈴木:はい。ありがとうございます(笑)。

寺田:すごいよね。あの番組に出たことあるメンバー、他にいないんじゃない?

鈴木:そうみたい(笑)。

寺田:そういうのがすごく大事だと思うなぁ。私は2期生として乃木坂46に入って、研究生から始まりアンダー、選抜と一通り経験させていただきました。どこにいても“層の厚さ”を感じるのと同時に、素晴らしい人たちが集まったグループだと感じ続けています。手前みそ過ぎて申し訳ないんですけど、ファンの方に向けたリップサービスでも何でもなく、本当にみんな人間として素晴らしいんですよ。「乃木坂って仲がよさそうだね」って言っていただくことが多いんですけど、にじみ出ちゃってるんだろうな〜って(笑)。でもそこで単なる仲良しグループになってしまわないのは、お互いに違うことで輝く力を持っているから、ちゃんと高め合えているんじゃないかって思うんです。

■ 恋の曲は思い出したり…妄想しながら聞いてください!(鈴木)

――なるほど。それこそ今の乃木坂46が持つ空気感の源かもしれませんね。それでは最後にアルバムの話に戻りますが、収録曲の中からオススメの作品を1曲ずつ教えてくだい!

樋口:私は「誰よりそばにいたい」を。このアルバムのための新曲で、タイトルも歌詞も曲調もすごくストレートです。アンダーの楽曲は切ないラブソングが多いんですけど、それともちょっと違う王道なバラードになっています。

寺田:じゃあ私も新曲から「その女」をオススメします。歌ではなく“語り”から始まるという斬新な作品です。「ブランコ」という曲でラップが取り入れられましたが、アンダー楽曲には乃木坂46の新しい試みが行われる場としての一面もあるんですよ。その辺も楽しみながら聞いてください!

鈴木:2人とも新曲だったので、私はあえて既発の曲から選びますね。3rdアルバムに収録された「君が扇いでくれた」が大好きです。ライブであまり披露したことがない曲ですけど、パフォーマンス中に女の子らしく振り返るダンスが入っていてすごくカワイイんですよ。

樋口:あれはいいよね〜。私も好き!

鈴木:やっぱりいいですよね! 歌詞の内容としては…恋の話というか、私自身にはあんな思い出がないので…(苦笑)、皆さんにも妄想しながら聞いていただければと。

寺田:えっ、でも、聞いてくださる方の中には歌詞と同じような経験がある人もいるんじゃない?

鈴木:ああ、そっか。じゃあ…妄想したり、思い出したりしながら聞いてください(笑)。

取材・文=大小田真(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.