竹内涼真、スーツ姿でリフティング奮闘 サッカータレントの“宿命”改善訴える

 俳優の竹内涼真が15日、都内で行われたソフトバンクの新サービス発表会見に参加。サッカータレントの宿命である“リフティングうまいはず”の風潮をなくそうと訴えた。

【写真】リフティングを披露した竹内涼真

 竹内は同社の人気CM「白戸家」シリーズに昨年から参加している。今回は“学割先生”として出演する。データ容量が50GBの「ウルトラギガモンスター」を1年間月額3980円から利用できるようになるキャンペーン「学割先生」のPRのため、リフティングを50回、披露することになった。

 5歳からサッカーを始め、中学・高校時代には東京ヴェルディユースに所属。サッカー推薦で大学に進学するほどの腕前を持つ竹内ならば、お手の物かと思いきや、本人は苦笑いで「サッカーやってた人はリフティングうまい、という制度を変えていきたいんです」とぽつり。自身の主なポジションは華麗なテクニックを見せるアタッカーではなく、フィジカルや読みで勝負するセンターバック。「これまでサッカーをやっていた役者さんやタレントさんが、みんな直面する問題。リフティングはできますけど、ぐるぐる回すなんでホントにすごい人しかできない。驚くようなことはできない」と提言した。

 それでも、実際にチャレンジするとスーツに革靴ながら38回まで記録を伸ばし、会場は大きな拍手に包まれた。絶賛する周囲に「すみません、いろいろフォローしていただいて」と照れくさそうにしていた。

 また、会見には生徒役の志尊淳も参加。竹内と志尊は映画『帝一の國』で主演の菅田将暉を支える役で共演し、大きな話題となっていた。今回は先生と学生役となり、竹内は「志尊くんと、そんなに年が変わらない。ちょっと変な感じする」と明かし、志尊も「こないだまで同じ学生役だったのに」と苦笑いだった。

 竹内といえば昨年末にインフルエンザに罹患。体調について問われると「体調完璧です。やせました」とにっこり。「今年はかからないようにします」と誓っていた。

 発表会見には生瀬勝久、壇蜜も参加した。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.