増田有華、AKB48時代から噂の“ゆっぱい”披露も「もっとぽっちゃりしてると思われてて」

 元AKB48で、歌手・女優・タレントとしてマルチに活躍する増田有華が、ファーストイメージBlu-ray&DVD『Memoirs』の発売記念イベントを福家書店新宿サブナード店で行った。

【写真】増田有華、イメージビデオ『Memoirs』からの様々な衣装・ポーズ

 今回のイメージビデオは増田が自分から希望したという。「私から事務所の社長に“やりたいです”と言いました。水着は身も気も引き締まりますし、フレッシュではないけど…まだフレッシュなところにギリ入れるかな…? という26歳で水着の動画を出すのは挑戦でもあるし、残しておきたいものでもありました」とその想いを語る。

 「回想録」という意味の『Memoirs』にタイトルが決まるまでには、別のアイデアもあったという。「タイトルを決めるときに“『YUKA』とかでもいいですよ”って言われたんですが、私、お肉が好きなので“『リブ』にしたいです”って言ったんですよ(笑)。でも肉肉しくて生々しいからと却下されました」と笑った。

 南国・バリで10月に撮影された作品は、スポーティな明るさに加え、26歳の大人の女性の魅力も全開。「スタッフさんとお話しして、自然の中に立つサファリ的な…野性的な女性らしさを出したいと思いました」。自分で見返すと「全部恥ずかしかった」というものの「特に赤いランジェリー風の衣装でベッドで誘う感じのシーンがセクシーなんですが、自分が恥ずかしがったら観てる人も恥ずかしいと思うので、振り切ってやりました!」と語った。

 AKB48在籍時から噂となっていた豊かな胸“ゆっぱい”の魅力も惜しげもなく披露。しかし「そのころかなりトレーニングをしていたので、撮影のときに“もっとぽっちゃりしてると思ったのに、ギュッとなってるね。もっとぽっちゃりしててもいいんだけど”って言われたんですよ~」と明かす。そして「一時期トレーニングで絞りすぎてどんどんバストが減っていったんですけど、年始にお餅をたくさん食べたので、その分ついてくれていると思います。今度はぽっちゃりのリクエストに沿えるようにしたい」と胸を張った。

 今回の撮影の前には「平嶋夏海ちゃんのDVDを観ました」という。「なっちゃんのナチュラルなところが参考になりました。あとセクシーな部分では壇蜜さんの作品も見ました。でも壇蜜さんはハードなほうに行き切っているので、参考というよりリスペクトで…」。今後もグラビアには意欲を見せており、「撮られるのが楽しかったので、継続して認知していただけたら。スチールのお仕事も好きなので、写真集も出せたらいいなって思います」と希望を語った。

【関連記事】

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.