松嶋菜々子&織田裕二が17年ぶりの共演で“10代の高橋一生”に注目集まる

【高橋一生/モデルプレス=1月13日】俳優の織田裕二が主演し、女優の松嶋菜々子が出演するWOWOWのドラマ「連続ドラマW 監査役 野崎修平」が14日に放送をスタート。織田と松嶋は同ドラマで映画「ホワイトアウト」(2000年)以来17年ぶりの共演を果たすが、映画には当時10代の高橋一生(37)も出演しており、再注目を集めている。

【さらに写真を見る】松嶋菜々子がいまでも美しすぎる!

◆10代の高橋一生に注目集まる


ホワイトアウトは、ダムを舞台に織田演じる主人公がテロリストと戦う“日本版ダイハード”とも呼ばれた作品。2000年に公開された邦画の興行収入ランキングでは2位を獲得している。

今回、織田と松嶋は同映画以来ドラマで17年ぶりの共演を果たすことが話題となり、ホワイトアウトも再注目される中、当時19歳の高橋も端役ではあるがダムの職員で人質役として出演。

◆「かわいい一生さんが見られる」などとファンの声


そんなホワイトアウトには「一生さんも出てたんだ!」「調べてみたら一生さん出てた」「初々しい」「当時から存在感がある」「かわいい一生さんが見られる!」などと発見する人が続出。

現在高橋は、第一線で活躍する人気俳優だが、初々しい高橋の姿を見ることができる作品となっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.