『ラストアイドル』組み合わせ決定 ファミリー内バトルが始動

 テレビ朝日系オーディション番組『ラストアイドル season2』(毎週土曜 深0:05〜0:35※一部地域を除く)の初回が13日に放送され、5つのアイドルユニットとプロデュサーの組み合わせが決定した。秋元康はシュークリームロケッツ、織田哲郎はGood Tears、小室哲哉はラストアイドル、指原莉乃はSomeday Somewhere、つんく♂はLove Cocchiをそれぞれ担当する。

【写真】ラストアイドルファミリーの5つのユニット

 昨年8月より放送されている『ラストアイドル』は、AKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきたヒットメーカーの秋元氏が、新たな大型アイドルグループを誕生させるべくスタートさせた企画。

  “プロアマ問わず兼任可能”という前代未聞の応募条件や、毎週行われる残酷な“メンバー入れ替えバトル”が話題を集め、4ヶ月におよぶバトルの結果、昨年12月16日の放送で「ラストアイドル」の最終メンバーが決定。12月20日にはデビューシングル「バンドワゴン」をリリースした。一方、番組ではバトルに敗れた元暫定メンバーや、敗北した挑戦者たちによる4つのセカンドユニット、「Good Tears」「シュークリームロケッツ」「Someday Somewhere」「Love Cocchi」も誕生。

 そして、2018年。season2では、セカンドシングルをかけたユニット対抗戦が行われることに。秋元、織田、小室 指原、つんく♂の5人がプロデューサーとして、5つのユニットのメンバーとタッグを組み、楽曲、ダンス、衣装まですべてをプロデュース。ユニット対抗総当たり戦の結果、上位3チームが次なる関門、トーナメントで争い、第1位を獲得したグループがセカンドシングルの表題曲を歌うことになる。各プロデューサーの手によって磨き上げられたアイドルたちは、どんな姿を見せてくれるのか。

 13日の放送では、組み合わせ発表と、各ユニットが担当プロデュサーと初顔合わせする様子を公開した。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.