吉岡里帆、ストリップランウェイも…連ドラ初主演で体当たり「不安になるシーンもたくさん」

【吉岡里帆/モデルプレス=1月13日】女優の吉岡里帆が連続ドラマ初主演をつとめ、俳優の桐谷健太、向井理が出演するTBS系ドラマ『きみが心に棲みついた』(毎週火曜よる10時〜/1月16日スタート※初回は15分拡大)の記者会見が13日、同局内で行われた。

【さらに写真を見る】吉岡里帆、ストリップランウェイも…連ドラ初主演で体当たり「不安になるシーンもたくさん」

「原作を読んで、人が人にとらわれている時はどうすることができないんだ、と感じました」という吉岡は、印象に残っているシーンとして「今日子が死にそうになりながら、もがいているシーン。向井さんとの過去パートは印象的で、撮っていても感情が動いて苦しくなった」と撮影時を振り返り「その中でも2つあって今日子に弱さを見せてくれて受け止めようと決めたシーンと初めて拒絶されたシーン。この人を信じた自分は大変な事をしてしまったと思うストリップのランウェイをやって拒絶されるシーンです」と紹介した。

劇中では体当たりなシーンも多いが「現作を忠実に再現していきたいので難しいシーンもたくさんあるんですけど…皆さんが優しいんですよ。冗談抜きで。私が今日子として存在出来るようにいつも手を差し伸べて頂いています」と撮影現場での様子を伝え「日本中の皆さんの心を揺さぶっていきたいと思います」と意気込んだ。

◆連ドラ初主演で緊張…共演者へ感謝


また共演する桐谷、向井に対し「体当たりなシーンが沢山あるので、そういう時(2人には)サポートしていただいています。視聴者の方に届いた時にどうやって見られるんだろう、って不安になるシーンもたくさんあるので」とし「原作を読んで緊張が襲ってきたんです。夜寝る前に、この作品やりきれるんだろうか、このシーンをどういう風に撮るんだろうとか考えていたのですが、向井さんの優しさ、桐谷さんの優しさが…。“優しさ”ばかり言っていますが、初めて主演をして思うことは、これだけたくさんの人に助けられているんだと実感することが多い、と感じています」と感謝していた。(modelpress編集部)

◆『きみが心に棲みついた』


原作は若い女性たちから高い支持を得ている女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミック「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」(祥伝社フィールコミックス)。自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子(通称:キョドコ/吉岡里帆)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動く様を描いていく。

◆『きみが心に棲みついた』第1話あらすじ


今日子(吉岡里帆)は、職場の先輩・堀田(瀬戸朝香)らに連れられて、人生初の合コンに参加していた。自己評価が低いため、すぐに挙動不審になってしまう今日子は、学生時代に“キョドコ”とあだ名を付けられていたほど。合コンでも焦って「ありのままの自分を好きになってくれるなら、誰でもいいから付き合いたい」と口走り、周りをドン引きさせてしまう。そんな今日子に、漫画編集者の吉崎(桐谷健太)は厳しい 言葉を投げかける。しかし、今日子は吉崎の言動から、彼なら自分を変えてくれるのではないかと、先に 帰ろうとした吉崎に追いすがり、突如「付き合ってください」と迫るのだった。

翌日、今日子は会社で堀田に昨日の態度を注意されてしまう。それでも、仕事に真摯に取り組む今日子を高く評価していた堀田は、自分が立ち上げる新プロジェクトのチームに今日子を引き抜こうとしていた。

その夜、道で偶然吉崎と出会った今日子は、2人で話しているうちに前向きに変わろうという気持ちが 芽生えていく。まさに、自分を変えるために動き出そうとしたその時、驚くべき人物が今日子を呼び止めた。それは、大学時代に今日子がどうしようもないほど強く惹かれ、その感情を利用して、今日子をひどく傷つけた男・星名(向井理)だった。一番会いたくて、一番会いたくなかった星名との再会に今日子の心は大きく揺れる…。

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)