1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

桂文枝は氷山の一角!?不貞グセが直らない若手芸人2人の「ゲス行状」!

 一昨年には演歌歌手、昨年末には日本舞踊の講師との不貞疑惑が噴出した桂文枝が1月10日発売の「週刊新潮」で苦しい弁明をしているが、最近の例では、宮迫博之や、三遊亭円楽などお笑い界には、不貞癖が直らないタイプの御仁が多い。

 女遊びは芸の肥やしということなのかもしれないが、彼らほどの大物ではないが、内容面においては、かなり大胆に不貞にいそしんでいる若手芸人がいる。2人とも、年末の風物詩「M-1グランプリ2017」のファイナリストだ。この漫才No.1を競う大会であるM-1は、優勝を逃しても、決勝戦で何かしら爪跡を残せば、翌年の仕事がグンと増える。それだけに決勝戦を戦うファイナリスト10組(復活1組を含める)にとってはビッグチャンスなのである。

 そんなM-1ファイナリストで、現在、妻子がありながら女遊びをしまくっている芸人の一人は、2丁拳銃・小堀裕之だ。

「彼の“悪行”は、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)でたびたび密着されています。M-1人気が爆発する前の03年度のファイナリストで、4児のパパ。かつては『よしもとブサイクランキング』の上位にランクインする常連で、誰もが認めるブサメンです。しかも低収入で、家族6人の生活費を5万円しか入れない月もあったほど。ところが、最近まで8人も愛人がいたそうです。芸人仲間に批判されて、昨年に一度清算したのに、その後なぜか12人に増えたとか(笑)。もはや、ゲス夫のプロといえます」(ベテランの芸能記者)

 また「M-1グランプリ2010」の準優勝コンビであるスリムクラブ・真栄田賢の場合は、さらに上手だ。あろうことか、不貞の相談を妻にしているのだ。前出の芸能記者は続ける。

「かつて『FRIDAY』と『週刊文春』で不貞をスクープされた彼ですが、余罪は多く、不貞は100回を超えていたことを自白しています。“彼女”にフラれそうになって落ちこんだ時、奥さんに相談するという信じられない行動に出たんです。ショックを受けた奥さんは、『あんたの人生だから後悔しないように、追いかけるなら追いかけたほうがいい』と助言。自分を見つめ直すために登山をして、スッキリした顔で帰ってきたあと、『自分に向き合うことができた』ことを理由に、元の夫婦生活に戻ったそう。これを許した奥さんには頭が下がります」

 小堀は合コンで、真栄田は飲み屋でナンパして出会うのが常套手段。今後、オンナ遊びの癖が収まるとは到底思えないが…。

(北村ともこ)

Let's block ads! (Why?)