ダレノガレ明美、実家公開で美形一家の衝撃エピソード続々「普通じゃないんですよ」

【ダレノガレ明美/モデルプレス=1月12日】11日放送のフジテレビ系バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(毎週木曜よる9時)にて、お笑いコンビのとんねるずらが、モデルのダレノガレ明美の実家を訪問。家族の衝撃エピソードが続々明かされた。

【写真あり】両親、兄弟家族が勢揃い!ダレノガレ明美の美形一家をチェック

◆ダレノガレ実家を突撃訪問


この日、実家で偽番組打ち合わせを予告されていたダレノガレ。そんな彼女のもとに、とんねるずの2人、お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司、お笑いタレントのカンニング竹山が「突撃となりのチャチャッとキッチン」と題し、サプライズで訪問した。造園業を営むダレノガレの実家は、豪華な和風テイスト。ダレノガレの他、両親や2人の兄ら“美男美女すぎる”と話題の家族が勢揃いしていた。

◆父親の衝撃エピソード続々明らかに


父の豊さんは娘のテレビでの活躍を見ているそうで「まああんなもんでしょう」とにやり。落とし穴に落ちる企画についても「傑作ですよね、バカが来たぞみたいな感じで(笑)」と笑いながら話した。

そんな豊さんはダレノガレにとって「この世で1番歯向かえない人」とのこと。豊さんはダレノガレが幼いときに「1回だけボコボコにしたことがある」と明かし、その厳格ぶりにとんねるずらも衝撃を受けていた。

またダレノガレは豊さんに感謝の手紙を書いても「何でもシュレッダーにかけてしまう」と告白。豊さんは「こいつがしおらしく書いてきても『あーそうか、やっと分かってきたな』って、読み終わって一瞬でシュレッダーですよ(笑)」と話し、ダレノガレは「普通じゃないんですよ」と笑った。

現在父の造園会社の社長となっている兄の龍司さんも、弟子時代を思い起こし「すごかったです。スコップで叩かれながら。相当殴られました」と告白。また同じく兄の如名旦さんは豊さんに歯向かって会社を2回首にされていると明かし、皆を驚かせた。しかし、豊さんは息子たちが仕事を継いでくれることに対し「ありがたい」とのこと。

その後、母のタニアさんが作った鍋焼きうどんに舌鼓を打った一同。タニアさんは「こんなにぱぱっと作ったの初めてなので…」と謙遜していたが、皆その味を絶賛していた。

◆番組終了に悲しみも


ダレノガレは放送後、家族皆ととんねるずらが写った記念写真をInstagramに投稿。「大好きなとんねるずさんが実家に来てくれました。たくさん笑って笑って」と、撮影を振り返り、「あー番組終わるの寂しいな…嫌だな…悲しい。スタッフさんもみんな本当に良い方で大好きなの」と、3月の番組終了に悲しみを吐露。「本当にみんな来てくれてありがとうござます」と感謝を綴った。

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)