松本潤の“甘えっ子モード”にファン歓喜!

1月11日(木)放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に、松本潤がゲスト出演。愚痴る・壊れる・すねる・いじけるなど、ロケ中に見せた松本の素顔にファンが沸いた。

【写真】すねた松本潤を見て「楽しそうにやってたもんなぁ(笑)」とコメントしていた有吉(写真はイベント時のもの)

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士」(TBS系)で共演して以来、大の仲良しという松本とミュージシャン・レキシ(池田貴史)が、今話題のリア充スポットを体験調査。

まずは、実際の民家を舞台に謎解きと脱出に挑むミッションクリア型お化け屋敷「畏怖 咽(むせ)び家」(東京都杉並区)へ向かうと、「俺、こういうのヤなんだよ〜」「大きい音とか後ろから来るものとか、ものすごい嫌いです、僕」と準備時点から早くも後ろ向きに。

お化け屋敷に入ってからも、凶悪犯に捕まらないよう身を隠しながら脱出用の鍵を捜索せねばならず、隠れているのに笑い出してしまうなど、緊張と疲労から次第に壊れていく松本。

ゲーム開始から1時間ほどで脱出に成功したが、松本はコンサートの翌日という状況もあいまって「超疲れたね…」とグッタリした表情で帰還した。

続いては、同じくドラマで共演している片桐仁の自宅へ。

日用品をベースに粘土を盛って細緻な作品を作る造形作家としても活躍する片桐指導のもと、松本とレキシが粘土細工に挑戦。

「ドラマの現場に飾ってもらえるようなものがいいね!」とやる気を見せたが、ベースに両面テープを貼る地道な下地作業にあっさり飽きて片桐に押しつける松本。

しかし、勝手に麦茶休憩を挟みつつ「全然充実してねぇけど」とこぼす松本に「おめぇ、やってねぇからだよ!」と片桐が即ツッコむと、「うるせぇなぁ、ピーチクパーチク(笑)」となんだかんだで楽しげな表情に。

紙やすりを使って質感を作り込むなど夢中で作品に取り組む松本たちだったが、肝となる目をつける際に片桐が手を加えてしまい、完全にいじけてしまう2人。

「粘土はやり直せるのかもしれないけど、僕らの気持ちはもうやり直せない」とこぼし、アフロヘアーのハニワをイメージした作品に「けがされた元ハニワ」と命名するほどすねていた。

スタジオでVTRを観ていたレギュラー陣は、櫻井翔「全然納得してない(笑)」、有吉弘行「楽しそうにやってたもんなぁ(笑)」と総ツッコミ。

ネット上では「本当に一生懸命で楽しかったんだよね」「仲良しさんといると出る潤くんの甘えっ子モード」などと、片桐のきっちりしたお兄ちゃんっぷりと松本の伸び伸びとした弟感、そして松本と一緒になってすねるレキシらがかわいいと話題になった。

次回は1月25日(水)夜0:00より放送予定。ゲストは阿部寛、溝端淳平が登場する。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.