映画『咲-Saki-阿知賀編』舞台挨拶の裏で、渡邉幸愛、日比美思、島崎莉乃のエイベックスの美少女雀士3人が集結

【詳細】他の写真はこちら

人気青春麻雀漫画『咲-Saki-』の“阿知賀編”を実写映画化した『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』の完成披露試写会が、1月11日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の桜田ひよりをはじめ、阿知賀女子学院のキャスト・伊藤萌々香(フェアリーズ)、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、中山莉子(私立恵比寿中学)、ライバル校の白糸台高校の部長・弘世菫(ひろせすみれ)を演じた日比美思、“フナQ”のニックネームでコアなファンも多い船久保浩子(ふなくぼひろこ)を演じた島崎莉乃ら、注目女優やアイドルと小沼雄一監督の総勢20人が舞台挨拶に出席した。※「島崎莉乃」の「崎」は、たつさきが正式表記。

ステージ上に美女たちがズラリと並ぶと、集まった観客は拍手で歓迎。初主演を果たした桜田は「私たちの集大成の映画だと思うので、たくさんの人に見てもらえるとうれしいです」と、この映画に対する思いをコメントした。

また、小沼監督は「前作もそうだけど、作品内容自体が団体ものなので、仲良くなってくださいということは、最初に話していました」と撮影時を振り返り、「日本映画界には続編を匂わせて終わると、その続編が作られないというジンクスがある。それを乗り越えてこの第2弾を作ることができて本当にありがたいです」とファンへ感謝を述べた。

松実宥役を演じた渡邉幸愛は、そんな小沼監督との思い出や撮影時のエピソードを「実は撮影裏では他校のキャストの皆様とも仲が良かったんですけど、白糸台高校は濃いーと思いました(笑)。年齢が近いのに、とにかく大人っぽいし、面白い。特に夢みるアドレセンスの志田友美さんとは昨年からほかの仕事でも会うことが多くて、しかもお互い東北出身ということですごい縁を感じました。小沼監督は普段すごい優しい方なんですけど、撮影になると愛のムチもけっこうもらいました。すごく勉強にもなりましたし、同時に『咲-Saki-』は小沼監督あっての作品だなと思います。素敵な作品に携わることができてとても光栄です」とコメント。

また、弘世菫を演じた日比美思は「キャストの方と麻雀の練習していたとき、同じ次鋒の松実宥役の渡邉幸愛ちゃんを一度ロンできたので(射抜いたので)びっくりしました! 映画はどうなるのか、お楽しみに!」とアピール。

船久保浩子を演じた島崎莉乃は、「夏の思い出は麻雀しかない!」と会場の笑いを誘い「最初はちょっと緊張しながらみんなで麻雀していたんですけど、同じ高校で固まって麻雀していくたびに仲が良くなっていって、いい夏でした」と笑顔で語った。

また、自分が演じた役どころに関しては、

「『咲-Saki-』ファンの皆様をがっかりさせないように、とにかく原作に近づけるようにしました。特に私は声が低いほうなので、松美宥に近づけるように、撮影前から少しでも高い声が出るようにになるように練習してたんです。でも、SUPER☆GiRLSのメンバーからは“何してんの?”ってけっこうネタにされた時期もありました(笑)」(渡邉幸愛)

「弘世菫は、白糸台高校の部長です。背も高くクールですが、内に秘めた熱い麻雀部への想いと照との絆を胸に戦っていく、素敵な女の子です。菫の趣味アーチェリーにも初めて挑戦しました。次鋒戦のときも重要なキーになるので、ぜひ観ていただきたいです」(日比美思)

「私が演じた船久保浩子は、つねに冷静沈着で、チームの勝利のためにデータや選手の打ち方を分析する、実は仲間思いで熱い女の子です。そんな浩子の“内に秘めている熱いもの”を作品で感じていただきたいと思います」(島崎莉乃)

と、それぞれコメントした。

『咲-Saki-』は、女子高生らが麻雀の全国制覇を目指す姿を描いた人気青春麻雀漫画。その外伝である『阿知賀編』は、本編ヒロインのひとり・原村和(はらむらのどか)の幼なじみである高鴨穏乃(たかかもしずの)や新子憧(あらたし・あこ)の視点で描かれており、映画は原村和との対局を望む高鴨穏乃らが、全国大会の準決勝で無敗を誇る絶対王者、宮永照(みやながてる)率いる優勝候補の白糸台高校と対戦。運命の戦いが、ここに幕を開けるというストーリー。

実写版の映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』は1月20日より全国ロードショーとなる。

渡邉幸愛 コメント

■作品の見どころ

『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』は、それぞれがつねに誰かを想いあっていて、心温まる作品だと思います。作品の世界観を楽しみつつ一緒に青春を味わってほしいです!

■自分の役どころと見どころ

『咲-Saki-』ファンの皆様をがっかりさせないようにとにかく原作に近づけるようにしました。特に私は声が低い方なので、松美宥に近づけるように、撮影前から少しでも高い声が出るようにになるように練習してたんです。でも、SUPER☆GiRLSのメンバーからは“何してんの?”ってけっこうネタにされた時期もありました(笑)。

■撮影時のエピソード

実は撮影裏では他校のキャストの方とも仲が良かったんですけど、白糸台高校は濃いーと思いました(笑)。年齢が近いのに、とにかく大人っぽいし、面白い。特に夢アドの志田友美さんは昨年からほかの仕事でも会うことが多くて、東北出身ですごい縁を感じました。小沼監督は普段はすごい優しい方なんですけど、撮影になると愛のムチもけっこうもらいました。すごく勉強にもなりましたし、同時に『咲-Saki-』は小沼監督あっての作品だなと思いました。素敵な作品に携わることができてとても光栄です。

■舞台挨拶を終えて

人生で初めての舞台挨拶だったので緊張してたんですが、集まっていただいた皆様の笑顔を観た瞬間に一気に安心しました。またこういう大きな舞台に立てるようこれからも頑張っていきます!

日比美思 コメント

■作品の見どころ

『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』は、女の子のキラキラした青春と、それぞれの想いと想いがぶつかる熱い戦いが見どころです。原作の世界観も楽しんでいただけると思います!

■自分の役どころと見どころ

私が演じた弘世菫は、白糸台高校の部長です。背も高くクールですが、内に秘めた熱い麻雀部への想いと照との絆を胸に戦っていく、素敵な女の子です。菫の趣味アーチェリーにも初めて挑戦しました。次鋒戦のときも重要なキーになるので、ぜひ観ていただきたいです。

■撮影時のエピソード

キャストの方と麻雀の練習していたとき、同じ次鋒の松実宥役、渡邉幸愛ちゃんを一度ロン出来たので(射抜いたので)びっくりしました! 映画はどうなるのか、お楽しみに!

■舞台挨拶を終えて

とても緊張していたのですが、衣装が暖かくて少しリラックスできました。作品を観るお客様と直接お会いできてすごくうれしかったです!

島崎莉乃 コメント

■作品の見どころ

この『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』は、前作に増して、よりそれぞれのキャラクターたちの心情がドラマチックに描かれています。青春麻雀映画、ということで、今までにない映画界の新ジャンルを今作で築けたのではないかな、と感じました。

■自分の役どころと見どころ

私が演じた船久保浩子は、つねに冷静沈着で、チームの勝利のためにデータや選手の打ち方を分析する、実は仲間思いで熱い女の子です。そんな浩子の“内に秘めている熱いもの”を作品で感じていただきたいと思います。

■舞台挨拶を終えて

私にとって、初めての舞台挨拶でした。日頃から愛している映画に自分が出演できること自体とても光栄でうれしいことなのに、憧れの舞台挨拶に登壇ということで、とても緊張しましたが、自分が好きな劇場にいつもと違う角度で立てているというのを実感できて、本当にうれしかったです。

映画情報

『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』

1月20日(土)より新宿バルト9ほか全国公開

リリース情報

2018.01.17 ON SAL

阿知賀女子学院麻雀部

SINGLE「笑顔ノ花/春〜spring〜」

2018.01.17 ON SALE

T$UYO$HI

ALBUM『映画&アニメ「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」オリジナル・サウンドトラック』

2018.01.17 ON SALE

DVD&Blu-ray『ドラマ「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」』

『咲-Saki- 実写化プロジェクト』OFFICIAL WEBSITE

http://www.saki-project.jp

映画『咲-Saki-阿知賀編』舞台挨拶の裏で、渡邉幸愛、日比美思、島崎莉乃のエイベックスの美少女雀士3人が集結

映画『咲-Saki-阿知賀編』舞台挨拶の裏で、渡邉幸愛、日比美思、島崎莉乃のエイベックスの美少女雀士3人が集結

映画『咲-Saki-阿知賀編』舞台挨拶の裏で、渡邉幸愛、日比美思、島崎莉乃のエイベックスの美少女雀士3人が集結

映画『咲-Saki-阿知賀編』舞台挨拶の裏で、渡邉幸愛、日比美思、島崎莉乃のエイベックスの美少女雀士3人が集結

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.