石原さとみ、初共演の窪田正孝に「とても真摯」と感銘『アンナチュラル』

女優の石原さとみさんがTBSの連続ドラマ初主演を果たす新ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜22:00〜 ※初回は15分拡大)が、1月12日にスタート。大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で脚本を担当した野木亜紀子さんが描くオリジナルストーリーだ。

本作は、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台にした、一話完結の法医学ミステリー。石原さん演じる、日本に百数十名ほどしか登録がない死因究明のスペシャリストである“法医解剖医”の三澄ミコトを中心に、癖のある面々が、UDIラボに連日運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)の怪しい死体に向かいメスを握る。石原さんのほか、ミコトと共にUDIラボで働く面々にも豪華な顔ぶれが集結。法医解剖医・中堂系役に井浦新さん、記録員・久部六郎役に窪田正孝さん、臨床検査技師・東海林夕子役に市川実日子さん、そして所長・神倉保夫役に松重豊さんが決定。制作には、野木さんのほか、湊かなえ原作ドラマ『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』を手がけたプロデューサー・新井順子さん、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子さんといったスタッフ陣が顔を揃えている。

今回は石原さんにインタビューをし、役作りや撮影現場の様子、作品のテーマである生や死について、そして今年の抱負などを伺った。

<インタビュー後編>

――今回は会話劇でアドリブも多いそうですが、共演者とのコミュニケーションはいかがですか?

同じチームなので、お芝居でずっと一緒なのは実日子さんと窪田さんです。実日子さんとの共演は2回目ですが、以前はすれ違うくらいの共演だったので、今回がほぼ初めてのようなものです。ずっと自然体でいてくださるし、ムードメーカーで、大好きです。テンションといい空気感といい私が受け身なので、リードしていただいている気もするし、委ねている部分も多いですね。一緒にいる時間が長いと嬉しいです。新さんは3回目なので、信頼もあるし、勝手に安心しています(笑)今回の口が悪い役と違い、普段とても優しいです。

――初共演の窪田さんとはいかがですか?

窪田さんは、スタッフの皆さんとは何度もやっているようで空気が出来上がっていました。窪田さんのチームワークや皆さんとの仲のよさに甘えさせていただいているので、彼を通じて皆さんと近くなったようなものです。窪田さんが演じる六郎は一番視聴者に近い目線だと思うんですが、医学部を出ていて知識も多いけど、新人なので知らない部分もたくさんあって、脚本を読んで難しい役だと思いました。監督と相談した上で納得してやっているので、とても真摯だと思います。

――法医学について、初めて知ったことや驚いたことはありましたか?

法医学ものは何回かやらせて頂いているので、知っていることもありましたが、各回ハッとさせられることが多かったです。特に、UDIの構想が実際にあったことは知らなかったので驚きましたね。もし本当にできていたら、変わっていた部分や起きなかった事件もあったんじゃないかな。大きなことはいえませんが、このドラマが終わった後、いつかUDIのような組織ができたら…。このドラマを見たことにより、少しだけ意識が変わったり、選択肢が増えたり、「あの構想もちょっと進めてみようか」ということになればとても嬉しいです。

――この作品をきっかけに、改めて生や死について考えたことはありますか?

ご遺体を解剖することにより判明する事実はあるとはいえ、実際に自分の家族が不自然死で亡くなったら解剖するかという話は友人としました。安楽死にしても臓器移植にしても、自分の問題に置き換えると答えに迷います。でもこの作品は、死への逆算ではなく、今をどう生きるかを大事にしていて、「生」を実感できると思うので、生きることのたくましさ、しぶとさを見てもらえたらと思います。

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.