羽生結弦、平昌五輪への思いを明かす「強い気持ちを持って日々過ごしています」

 フォギュアスケートの羽生結弦選手(23)が15日、日本オリンピック委員会(JOC)とテレビ朝日が前年のスポーツ界で優れた成績を残した個人や団体を表彰する『第52回 ビッグスポーツ賞』を受賞。授賞式は欠席したが、来月に迫った平昌五輪に対しての意気込みを寄せた。

【写真】桐生祥秀、白井健三ら豪華アスリートがズラリ

 平昌五輪に出場する選手に向け、体操の白井健三選手らが「せっかくなので楽しんで」とエールを送る中、「平昌五輪に向け強い気持ちを持って日々過ごしています これからも努力を重ね自身を超え続けたいと思います 羽生結弦」と羽生選手からのコメントがスクリーンに映し出された。

 元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造も登壇し、「みなさん、大丈夫かなとケガのことを心配していると思いますが、彼の中では絶対できるという思い」と気持ちを代弁。白井選手も「数々のタイトルを取っている羽生選手。自分のことは自分で1番わかっていると思う。自分を信じて」と激励した。その後、修造は全選手に向けて「平昌五輪、冬を燃やせ、届け勇気、心を一つに! ニッポンはできる!」と熱すぎるエールを送っていた。

 また、『第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞 番組賞』を侍ジャパンの稲葉篤紀監督、ソフトバンクの工藤公康監督、水泳の池江璃花子選手、新日本プロレスの内藤哲也選手、日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手らが受賞し、授賞式に出席した。

■第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞受賞者
【ビッグスポーツ賞】
羽生結弦(フィギュアスケート)、渡辺一平(水泳)、スピードスケート女子パシュート日本代表(スピードスケート)、小平奈緒(スピードスケート)
【ビッグスポーツ特別賞】
高梨沙羅(スキー・ジャンプ)、堀島行真(スキー・フリースタイル)、小野塚彩那(スキー・フリースタイル)、フィギュアスケート日本代表(フィギュアスケート)、卓球・混合ダブルス日本代表(卓球)、高橋侑希(レスリング)、文田健一郎(レスリング)、土性沙羅(レスリング)、川井梨紗子(レスリング)、奥野春菜(レスリング)、須崎優衣(レスリング)、橋本壮市(柔道)、高藤直寿(柔道)、ウルフ・アロン(柔道)、阿部一二三(柔道)、新井千鶴(柔道)、志々目愛(柔道)、渡名喜風南(柔道)、白井健三(体操)、村上茉愛(体操)
【ビッグスポーツ五輪奨励賞】
新体操日本代表(新体操)、伊藤有希(スキー・ジャンプ)、岸彩乃(トランポリン)、糸数陽一(ウエイトリフティング)
【ビッグスポーツ新人賞】
張本智和(卓球)
【ビッグスポーツ特別功労賞】
宮里藍(ゴルフ)、浅田真央(フィギュアスケート)
【ビッグスポーツ“Road to 2020”奨励賞】
桐生祥秀(陸上) </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.