「ファンの方は知ったらどういう顔をするんだろう」SKE48・鎌田菜月、シングル初選抜の心境は?

2018年10月にデビュー10周年を迎えるSKE48。1月10日には22枚目のシングル「無意識の色」が発売された。

【写真を見る】同期の熊崎晴香から選抜入りを知ったという鎌田/撮影=石塚雅人

「週刊ザテレビジョンPLUS」では、10周年イヤー突入&「無意識の色」リリース記念企画として、12月21日配信号から4週にわたってSKE48メンバーが登場。WEBサイト「ザテレビジョン」では、そのインタビューの完全版を公開する。

3週目となる今回は、今作が初選抜となった6期生・鎌田菜月。初選抜を知ったときの心境や10周年イヤーの目標などを語ってもらった。

■ 「『おめでとう』って急にハグされました」

――本作「無意識の色」で初選抜となりましたが、話を聞いたときのことを振り返ってみていかがですか?

実は、(同じチームEの)熊崎晴香ちゃんの口から聞いたんです(笑)。劇場公演中、ユニット曲が終わって着替えているときに、くま(熊崎)に「ケータイ見て」って言われて。それでケータイを見たんですけど、特に何もなかったんです。それで何かと聞いてみたら「言っていい!?」って言われたから、ますます何だろうって思って。そうしたら「おめでとう!」って急にハグされて。くまには今回の選抜についてのメールがマネジャーさんから届いていたんですけど、私担当のマネジャーさんは違う人なので、私にはまだ届いていなかったんです。でも、そこまで「言っていい!?」って言われたら気になっちゃうから、聞いちゃいました(笑)。

――公演中だったということですけど、動揺しませんでしたか?

次に出ていく曲が「バラの儀式」という、クールに真顔で歌うような曲だったんですけど、どういう顔をしたらいいか分からなくなっちゃいましたね(笑)。客席にはファンの方もいたので、私推しの方を見ながら「ファンの人たちは、知ったらどういう顔をするんだろうな」って考えちゃいました(笑)。

――SKE48の公式YouTubeチャンネルに上がっている、握手会の会場で鎌田さんがファンの方の前に出ていってあいさつしている動画を拝見しました。熊崎さんをはじめ、同期のメンバーが集まってきたのも印象的でした。

最初、6期生は「不作だ」って言われたり、先輩からは「モンスターだ」って言われたりしていたんですよ。そんな6期生が今回、6人も選抜に入れたというのはうれしいことですし、ファンの方の応援があってこそだなって思います。くまとは「選抜に2人で入ろう」って昔から約束していて、くまの生誕祭で私が書いた手紙にも、「一緒にジャケット写真に載ろうね」って書いたので、それがかなえられたというのはすごくうれしいです。

コンサートとかだと、選抜メンバーとそれ以外のメンバーで別に動くことも多くて、そういうときに仲の良いくまが隣にいないのは寂しかったので、今回、一緒に動くことも増えて、ある意味自然というか、ほっとしています。

■ MVは松井珠理奈とペアになって撮影

――今回のMVは過去のシングル曲衣装を着て撮影したということですが、鎌田さんが着た衣装は?

「パレオはエメラルド」と「12月のカンガルー」と「チキンLINE」でした。ペアになって撮影をしたんですけど、私は(松井)珠理奈さんと一緒で、ビシバシ指導してもらいました(笑)。監督からはOKが出たんですけど、珠理奈さんが「こんなんじゃSKE48じゃないよ」と言って、自主的に映像を確認して撮り直したところもありました。そのぶん、すてきなMVになったと思いますし、そういう先輩がいてくれたからSKE48が10周年を迎えられるのかなと思います。

――今回の衣装にはこれまでのシングル曲をモチーフにしたワッペンが付けられていて、胸元の3つのワッペンは各メンバーが選んだということですが、鎌田さんが選んだのは?

私は「片想いFinally」「未来とは?」「チキンLINE」にしました。「チキンLINE」は、初めて新曲のプロモーションで歌番組に出演させていただいたのがこの楽曲のアンダーで、SKE48に加入して3〜4年たっていたんですけど、ファンの方がすごく喜んでくれたのが印象的でした。

「片想いFinally」は、初期からお世話になっている厳しいダンスの先生がいるんです。6期生はけちょんけちょんに言われていたんですけど(笑)、2013年の「リクエストアワー」で、当時研究生だった6期生がこの曲を任せていただいたときに、終演後に先生が「一番良かったのは研究生の『片想いFinally』だ」って、初めて褒めてくれたんです。なので、初心を忘れたくないなという意味も込めて選びました。

「未来とは?」は6期生でやらせていただくことも多かったですし、10周年という節目を迎えるSKE48ですけど、それがまた1つの新しいスタートだと思うので、“これから”ということで選びました。

■ 「正規メンバーとして、選抜メンバーとして、ナゴヤドームに立てたら見える景色は違うと思います」

――その10周年イヤーに、SKE48としてやりたいことはありますか?

一番はナゴヤドームでのコンサートです。これは外せないですね。「今やらないでいつやるの?」ってファンの皆さんも思ってくださっていますし、私たちもそう思っています。でも、その過程にはいっぱいまだまだやらなきゃいけないことがあると思います。全国ツアーも待ちに待った次の日程(2月10日[土]に新潟で開催)が決まったので、地元を大事にしながらも、自分たちから各地のファンの方たちに会いに行って絆を深めたいですし、SKE48のコンサートが楽しいってことを多くの人に知ってもらえていれば、ナゴヤドームが決まったときに、成功させられるんじゃないかなと思います。

――ナゴヤドームでのコンサートが実現したとして、そのステージでやりたいことはありますか?

やりたいことはまだ考え中です。でも、1曲目が何になるかは楽しみです。2014年のときの1曲目は「神々の領域」で、1期生の方々が悲願のナゴヤドームに涙を流しながら歌っていました。そんな1期生も珠理奈さん1人になった今、何を歌うのかってファンの方々も気になると思いますし、私たちも「これ!」っていうものがまだ出てきていないんです。今はその答えを探す期間かなって思います。

2014年は研究生でしたけど、次は正規メンバーとして、選抜メンバーとして、ナゴヤドームに立てたら見える景色は違うと思いますし、あの景色を後輩に見せたいですね。あのときはアンコールでファンの方がスティックライトの色を(SKE48のイメージカラーの)オレンジに統一してくれたんですけど、それがすごくて忘れられない光景だったので、あの景色を私ももう一度見たいという気持ちもあります。

■ 「博多豚骨ラーメンズ」などのアニメに注目!

――ナゴヤドームとは別に、「6期生でZeppのステージに立つ」という目標も、6期生やファンの間で言われていますが、そもそものきっかけは?

チームKIIの6期生(青木詩織、北野瑠華、竹内彩姫、日高優月)が公演のMCでぽろっと言ったのがきっかけなんです。ファンの方もそれに乗ってくれて、現状に至っている感じですね。6期生も最初は20人いたんですけど、今は9人になったので、この9人でやりたいなって思います。

――鎌田さんはSKE48の「二次元同好会」のメンバーでもありますが、そんな鎌田さんが放送を楽しみにしているアニメは何でしょうか?

実は、この秋が豊作で、まだ消化しきれていないものを冬に回そうと思っていたので、あんまり追えていないんです。「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」(2017年、TOKYO MXほか)とか「クジラの子らは砂上に歌う」(2017年、TOKYO MXほか)を一気見したいなって思っていて(笑)。

「博多豚骨ラーメンズ」(1月12日[金]スタート、毎週金曜夜0:30-1:00ほか、TOKYO MXほか)は楽しみにしています。原作が出ている「メディアワークス文庫」は好きなレーベルでよく読んでいるんですけど、「博多豚骨ラーメンズ」は「これは売れてアニメ化するだろうからアニメで見よう」って取っておいた作品なんです(笑)。

「ミイラの飼い方」(1月11日スタート、毎週木曜夜1:58-2:28ほか、TBSほか)はcomicoの作品がまたアニメ化されたということで、それはやっぱりすごいことだなって思いますし、私は将棋も好きなので「りゅうおうのおしごと」(毎週月曜夜0:30-1:00ほか、TOKYO MXほか)は将棋の漫画が増えるということでうれしいですね。あと、「デビルズライン」(4月スタート、放送局未定)のアニメ化がすごくうれしいです!(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)