SKE48、地元名古屋で全シングル披露 「もう一度」ナゴヤドーム&紅白単独出場目指す

 10月に10周年を迎えるアイドルグループ・SKE48が10日、地元・名古屋のZepp Nagoyaで、この日発売された22ndシングル「無意識の色」のリリース記念ミニライブを昼夜2公演開催した。

【オリコン】SKE48新曲が1位…1/9付デイリーシングルランキング

 1回目の公演のオープニングは、2作連続で小畑優奈がセンターを務める新曲「無意識の色」を披露。続く「SKE48」で全メンバーがステージに上がると、松井珠理奈が「10年目のスタート! 最高の声を聞かせてください」とあおると、1800人のファンが大歓声で呼応した。

 キャプテンの斉藤真木子が「本日、22枚目のシングル『無意識の色』が発売になりました。短い時間ですが、皆さんと⼀緒にたくさんの思い出を作れたらと思います」とあいさつすると、1stシングル「強き者よ」から10thシングル「キスだって左利き」までの歴代シングル10曲を次々とパフォーマンスした。

 このほか、一色嶺奈、井上瑠夏、野村実代、松本慈子を加えて11人組となったユニット、ラブ・クレッシェンドは「反射的スルー」を披露。松村香織、谷真理佳、山内鈴蘭らのユニット・コサンガー7は「Becauseどっちつかず」を、7期生の末永桜花がセンターを務める次世代メンバー中心のユニット・サクララブレター32は「触らぬロマンス」を初披露した。

 須田亜香里は「私たちの拠点である名古屋にこんなにたくさんの方に来ていただいて、本当にうれしく思います」とあいさつ。「もう一度ナゴヤドームに立ちたいとか、NHK紅白歌合戦に単独出場したいとか、もしかして私たちには大きすぎる夢かもしれないです。でもこうやって熱いコールを響かせてくれる皆さんがいる限り、あきらめる気もないし、日々⼀歩⼀歩進むことができています。希望を与えてくださる皆さんに感謝の気持ちを込めて、10周年イヤーを駆け抜けていきます。これからも私たちについて来てください」と熱いファンに熱いメッセージを送った。

 2回目の公演では、新曲をはじめ、11thシングル「チョコの奴隷」から21stシングル「意外にマンゴー」までの10曲を披露。さらに、昨年6月の『第9回AKB48選抜総選挙』でランクインを逃したメンバーによるユニット“名前呼ばれ隊”が「ぼっちでスキップ」を初披露した。

 SKEオタのメンバー・福士奈央は「私、本当に今回の曲『無意識の色』が大好きで、1回目の公演も袖から見てたんですけど、ダンスがすごくそろっていて、SKE48 らしく力強くて、歌詞も10年目にふさわしい、すごく熱い熱い歌詞になっていて、本当にいい曲だなって思いました」と熱烈に新曲をアピール。

 最後に高柳明音が、「無意識の色」がオリコンデイリーシングルランキング1位を獲得したことを報告し、ファンと喜びを分かちあった。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.