1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

深キョン、松ケンと“セクシー下着”巡ってギクシャク「ダメ出しされた」

 女優の深田恭子と俳優の松山ケンイチが10日、東京・水天宮で行われたフジテレビ系連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(毎週木曜 後10:00)のヒット・撮影安全祈願に出席した。

【全身ショット】艶やかな着物姿を披露した深田恭子

 同作で妊活に励む夫婦を演じる2人だが、劇中では深田演じる五十嵐奈々がセクシー下着で登場するシーンも。深田が松山に感想を求めたところ、「その後のシーンがTシャツとデニムだったんですけど『そっちのが色っぽい』と遠回しにダメ出しされた」とチクリ。会場の笑いを誘ったが、松山は「気をつけます」と反省しきりだった。

 一方、松山は「その時、深田さんに『下着ってセクシーだな』と思って買うものなんですか?って聞いたらちょっと気まずい感じになっちゃった」と告白。「こういう入り方はまずいとすごく反省しました。今年は上品な感じで攻めたい」という松山に深田は「覚えてます…困りましたね」と苦笑していた。

 同ドラマはさまざまな家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅「コーポラティブハウス」に住む家族たちの葛藤と成長を中谷まゆみ氏(『ラスト・シンデレラ』『ディア・シスター』『ウォーターボーイズ』ほか)によるオリジナル脚本で描く。

 ドラマの内容にちなみ子宝祈願で知られる水天宮で行われたイベントだったが自身の出産願望について深田は「なりたいのか、なりたくないのか、この作品のなかではさまざまな幸せの選択肢が出てくるんですが、自分はどんな風に生きたいのかと撮影の合間に考えたりします。絶対に母親になりたいのか、願望があるのかないのか、定かではないというか。作品が考えるきっかけに必ずやなるだろうなと思っています」と率直な心境を明かしていた。

 祈祷には女優の高畑淳子も参加した。 </span>

Let's block ads! (Why?)