「やれたかも委員会」逢沢りな、相楽樹ら女性ゲスト一挙解禁!

1月27日(土)夜11時よりスタートする、AbemaTVオリジナル連続ドラマ第2弾「やれたかも委員会」(AbemaSPECIAL)の女性ゲストラインアップが決定。先日発表された玉城ティナのほか、女優の逢沢りな、野波麻帆、“朝ドラ”での好演も記憶に新しい相楽樹、人気セクシー女優の三上悠亜、天使もえらが出演する。

【写真を見る】「とと姉ちゃん」3姉妹の“次女”も登場!

「やれたかも委員会」は、漫画家・吉田貴司が、デジタルコンテンツ向けの配信プラットフォーム「cakes」や「note」に作品をアップしたことからSNSを中心に話題となり、ことし7月には書籍としても発売された人気連載漫画。

“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない…”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうが判定する組織「やれたかも委員会」の犠星塾塾長・能島明(秋山竜次)、ミュージシャン・パラディソ(本多力)、財団法人ミックステープ・月満子(朝比奈彩)という個性豊かな3人の登場キャラクターが判定していく。

このたび「やれたかも委員会」に訪れる依頼者役、及び依頼者の回想シーンに登場する“やれたかもしれない”女性役として出演するゲストのラインアップが判明。

会社の美人過ぎる後輩役・玉城に加え、新たに高校時代の憧れのマドンナ役の女優・逢沢、1つ下のお嬢様な彼女役・天使、オフィスで擦れ違う見知らぬ美女役の女優・鹿嶋ゆかり。

文化祭の準備で2人きりになるクラスメート役・相楽、“ママさんバレー”チームに入っている人妻役・野波、キャバクラ嬢役の女優・ほのか、アレ?にこだわる大学時代の憧れの先輩役・三上、そしていとこの姉役の矢崎希菜が出演することが明らかに。

1月27日(土)夜11時からの初回放送から毎週、“憧れのマドンナと再会し、積極的にアプローチを受ける”や、“人妻からドライブデートに誘われる”、“会社の後輩とクリスマスにデートをするとサンタコスプレに着替えてくれた”など、実際に起こり得るエピソードを漫画原作のもと、リアルに再現していく。

さらに、「AbemaTV」オリジナルストーリーの放送も予定されており、“1つ下の後輩と意を決してラブホテルに行く”など、ドキドキする“やれたかもしれない”エピソードが放送される。

さらに、「やれたかも委員会」の部屋で謎のウエートレスを演じるのは、女優・西内ひろに決定。毎週訪れる依頼者たちとの絡みにも注目してほしい。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.