市川海老蔵、麻央さんにLINE送り続ける「既読にはならないけど…」

【市川海老蔵/モデルプレス=1月8日】歌舞伎俳優の市川海老蔵に独占密着した「市川海老蔵に、ござりまする2017」(日本テレビ系)が8日に放送され、海老蔵が昨年6月に亡くなった妻・小林麻央さんへの思いを語った。

【さらに写真を見る】市川海老蔵、勸玄くん・麗禾ちゃんと支え合う日々の記録

昨年6月の「ABKAI2017『石川五右衛門 外伝』」の公演中に麻央さんを亡くした海老蔵一家。番組では、手を取り、支え合い、前向きに歩き始めた家族の姿を追った。

◆市川海老蔵、麻央さんへ送り続けるLINE 弱音を吐けた“唯一無二の人”


昨年9月のインタビューの中で、時間が経つにつれ、大きな存在を失ったことを実感するようになったと語った海老蔵。「麻央にLINEするんです」といまでも麻央さんにLINEを送り続けていることを明かし、「もちろん既読にはならないし彼女からの返信はないけど、僕の中では常にそばにいる。彼女と話してる感じがあるから、僕の中では成立してる」と麻央さんと心を通わせる時間となっていると話した。

そして「弱音を吐いたことはなかったけど、麻央と結婚して、『辛いんだよね』と言えた唯一無二の人。『大変だ』って本当は言いたいんだよね。言えたんだけど、もう言えなくなったでしょ。もはや言えないし、言わない。だからLINEで『今日ちょっと辛いんだけど頑張ったよ』って」と麻央さんへのLINEの内容を語った。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.