1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

日テレ平昌五輪のメインキャスターは荒川静香!「未来のオリンピアンやアスリートを誕生させる力になれれば」

日本テレビ系では、2月9日(金)に開幕する平昌五輪のメインキャスターを、荒川静香が務めることが決定した。

【写真を見る】荒川は、アスリートにとっての五輪を「苦しいことや大変なことを乗り越えようとする力を生む」と熱弁/(C)NTV

2月9日(金)より、韓国・平昌にて開催される平昌五輪。日本選手のメダル獲得が期待される「フィギュアスケート」や「スキージャンプ」「スノーボード」のほか、全15競技が18日間にわたって行われる。

今回荒川は、2010年のバンクーバー五輪、2014年のソチ五輪に続く、3大会連続となる冬季五輪キャスターに就任。このほど荒川の会見が行われ、今大会に向けた意気込みなどを語ってもらった。

――まずは今回キャスターに就任されての意気込みをお願いします。

オリンピック(以下、五輪)は自分自身も経験をさせていただいたんですが、やはり現場(競技会場)で起こっていることではなくて、その前から戦いはスタートしていると思うので、選手たちのがんばりや熱意も含めて、選手たちの輝く姿を皆さんにお届けするお手伝いをさせていただければと思います。

――今回で3大会連続の五輪キャスターとなりますが、改めてキャスターを務められることについての感想は?

3回目のキャスターをやらせていただくにあたって、回を追うごとに視野を広げていくべきだと思っているので、一回目より二回目、二回目より今回と、「少しでも多くの方に五輪の臨場感をお届けする」という視点で、五輪を見させていただければと思っています。

ただ、「お伝えする」ということに関しては、何年キャスターを経験させていただいてもなかなか上手くなるところではないので、上手くお伝えできるかはまだまだ自信がないんです。

ですが、そこは精いっぱい、選手の注目してほしい点ですとか、現地でしか見つからないことを含めてお伝えできれば、より見ている方に選手のがんばり、軌跡、競技の面白さが伝わるかと思いますので、そういったところにも着目していきたいと思っています。

――ご出産されてから初めての五輪キャスターとなりますが、心境の変化などありますか?

五輪はどの年代の方がご覧になっても、スポーツの魅力が伝わるようにしなければいけないと思いますが、今まではなかなか「お子さま向けにスポーツの魅力を伝える」という視点まで広がってこなかった部分はありました。

それが、子供が生まれてから「自分の子供がどんなところに興味を示すのか」とか、テレビを通じてスポーツを見る中で「こういう所に興味を持ってやってみたいという一歩が芽生えるのか」と気付いて、「(キャスターとして)未来のオリンピアンやアスリートを誕生させるための力にもなれるのかな」と感じるようになりました。

今回はそういったところも意識しながら、幅広い年齢層の方々にしっかりと興味を持って応援していただけるお伝えの仕方ができるように、工夫していければと思います。

――今回キャスターとしてやってみたいことは?

五輪ではまだ国内で認知度の上がっていない競技なども一堂に会して開催されるので、それらの競技に注目して取り上げられるのが魅力でもありますし、視野を広げるほど、発見やお届けすべきことが見えてくるかなと思います。

ですので、一つに注目(する競技)を絞るのではなく、参加する全競技の魅力に自分自身が気付いて、それをお伝えしていけるような取り組みができればと思います。

――過去2大会で特に印象に残っているシーンや選手はありますか?

やはり自分自身どうしてもフィギュアスケートを見る機会が多いので、そのシーンというのは非常に印象深く残っています。子供の頃からずっと見てきた選手たちが活躍する姿、奮闘している姿を、そこにたどり着くまでの軌跡というのも深く知っているのがフィギュアスケートなので。

メダルを獲得した高橋大輔選手や浅田真央選手だけではなくて、出場している選手たちのプロセスを見てきているだけあって、どのシーンも思い出そうとしたらパッとすぐ蘇ってきますね。

また、自分がこれまで知らなかった競技というか、五輪種目に採用されて(歴史の)浅い競技の魅力なども、初めて見ることで「あ、こんな面白い魅力があったんだ、これはまだ知られていない部分かもしれない」と自分自身発見することが多いので、そういった新しい発見があるのも五輪の魅力かなと思いますね。

スキークロスやスノーボードクロスなどは、現地で観戦する機会がなかなか無かったので、中継を担当させていただいて初めて、「あ、こんな面白い競技あったんだ」「これが五輪競技に採用されたんだ」と思ったり。それらの競技もしっかりと記憶に残したいなと思いますね。

――キャスター就任が決まってから準備されていることは?

これを準備というかはわからないですが、とにかく今の冬季競技、五輪種目の選手たちの動向には注目しています。各競技の候補選手たちがどんなシーズンを過ごしてきて五輪に備えているのか、また、どのように代表選手に決まっていくのかというところから、しっかりと把握しながら進んでいければと思っています。

やっぱり目の前で起こっていること以上に知っておくことによって、その競技・選手に対して魅力が感じられるのが、五輪を伝えるだけではない面白さだと思うので、それを少しでも自分が知っておいて、お伝えするときに知識というか、アイテムとして使えることが必要かなと思います。

競技を見ているだけでは、選手がどういう思いで挑んでいるかは伝えきれないですから、そういう部分が少し触れられると、結果以上に感動や共感を生んだり、深い部分で見ていけるチャンスも広がるかなと思うので、見る方にとって少し参考になるようなことを自分自身把握しておけるといいかなと思っています。

――今大会で荒川さんが注目されている選手はいらっしゃいますか?

これまで何大会も経験をしてきて、今回が集大成となる選手もいれば、これが初めての五輪でこの先何大会も成長していく姿を見られるであろう選手もいるので、一人に絞るのは難しいんですけど、スピードスケートの小平(奈緒)選手などは、これまでの経験が今大会にどう生きていくのか非常に気になるところでもあります。

あと、羽生(結弦)選手はフィギュアスケート(日本代表の中)で唯一連覇のかかった選手で、そのほかの選手は全員初出場というところもあるので、経験が生きるのか、それとも初出場の勢いが助けになるのかというところも注目です。

とは言え、宇野(昌磨)選手は初出場でありながら金メダルを狙う力があったりですとか、普通では考えられないことが起こるのがまた五輪の魅力でもあり、難しさでもあると思うので、そのあたりは気になりますね。

――荒川さんも五輪を経験されていますが、アスリートにとっての五輪とはどのようなものなのでしょうか?

五輪種目に携わるアスリートにとっての、夢であり目標である大会ですね。やっぱり4年に一回という独特のルーティーンなので、毎年の開催ではない“からくり”の面白さ、難しさが五輪にはあります。

前の五輪直後のシーズンからずっと負けなしであっても、五輪だけ照準が合わなかった世界チャンピオンがいる一方で、初出場で色々なことがピッタリと重なって五輪に縁があった選手もいますし。

また、五輪を目指すからこそ、苦しいことや大変なことを乗り越えようとする力を生むのも五輪の魅力で、人を成長させる大きな力を持っているなと私は感じます。選手としてやってきた時もそうですけど、引退して客観的に選手を見るようになってからもそれをすごく感じるようになりました。

見ている方々も、選手たちをすごく熱心に応援してくださいますし、自分の人生に重ねるかのように、思い入れを持ってくださる方もいて。(そういう様子を見ていると)五輪にはすごく大きな影響力があるなと思いますし、実際に競技に携わる人以上に巻き込む力を持ったイベントだなと感じます。

――現地で楽しみにされていることは?

雪上で行われる屋外の競技は、特にその地域の特色、特徴をいかに捉えられたかが勝負の分かれ目だったりもするので、そうした屋外競技の奥深さ、戦いの難しさという部分に非常に注目をしています。

フィギュアスケートも細かく言えば氷の質などは地域によって全然違いますが、特にその地域性が出るのが屋外の競技かなと思うので。また、いろんな種目の魅力を一度に知るチャンスということで、それは楽しみにしています。

私自身は平昌にはまだ行ったことがなくて、氷上の競技をやる江陵(カンヌン)には行ったことがあるのですが、ちょうど1年前にフィギュアスケートの四大陸選手権で行った時から一年で、街のムードがどのように変わっているのか。

普段はちょっと都心から離れた、郊外の地域っていうイメージなんですけど、そこが五輪という世界規模のイベントをやることによって、どう変化をしているのかというところもすごく気になります。

(平昌という場所は)情報によるとものすごく寒いということと、現地がどれほど盛り上がるのかというのが今不安なところではあるんですが、それを覆すような選手たちの活躍が見られたらいいなと思います。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)