田中圭「“怒る”スイッチがもともとないみたい(笑)」【映画「伊藤くん A to E」連載】

人の恋愛をのぞき見しているような感覚のドラマが話題になった「伊藤くん A to E」が、岡田将生&木村文乃W主演で映画化! 

【写真を見る】田中圭は伊藤くんを「魅力はイケメン! それのみです(笑)」と評する/撮影=大石隼土

超モンスター級“痛男”の伊藤誠二郎(岡田将生)と、彼に翻弄(ほんろう)される4人の女性たち、そして彼女たちの恋愛相談を脚本のネタに使おうとしている崖っぷち“毒女”・矢崎莉桜(木村文乃)の姿を通し、女性たちの本音を赤裸々に描いた映画「伊藤くん A to E」。

1月12日(金)の公開を記念したリレー連載第8回は田中圭が登場する。

田中が演じるのは、莉桜の元恋人で共にTVドラマ「東京ドールハウス」を手掛けたドラマプロデューサー・田村伸也。

ドラマと映画で並行して撮影してきたという本作の撮影エピソードや、自身の“A”(愛らしい部分)と“E”(イタい部分)を交えながら、見どころを語ってもらった。

――いよいよ公開を間近に控え、今の心境を教えてください。

撮影期間は長かったんですけど、僕個人の分量としてはそんなこともなかったので、撮影から離れてまた戻ったとき「あれ、どんな役だったっけ?」って悩んだこともありました。

廣木(隆一)監督はワンカットが多いんですが、僕はワンカットが大好きなので癒やしの現場でした。同じ事務所の(木村)文乃と絡むことも多かったですね。

完成した映像を見て、自分が知らないシーンも多いので「こういう作品だったんだ、なんかいいなあ」と思ったのが、素直な感想ですね。

――ドラマ版では莉桜(木村)の妄想内ですが、田中さんは伊藤くんもやられていて。客観的に見て、映画版の岡田さんがやられた伊藤くんの印象はいかがですか?

自分がドラマ版でやった伊藤のシーンを、映画版で岡田くんがやっていて…率直な意見ですけど「あれ? イタくないじゃん」って思いました。

――これくらい普通にいるでしょ、ということですか?

そうですよ。街中にこういうカップルいるじゃん!くらいのライトな感じに見えちゃったんで(笑)。俺ももうちょっとキザな感じでやっておけば良かったかな(笑)

――伊藤くんに対する見解って、たぶん男女差が出てくると思うんですけど、田中さんから見て伊藤くんの魅力は?

魅力はイケメン! それのみです(笑)。

――いやいや(笑)。同じ男性として見たとき、どう感じられるんでしょうか?

全然共感できないですね。やっぱり伊藤くん個人として考えると矛盾しちゃうかもしれませんが、やっぱり“超モンスター級に痛い男”という感じがしました。最後に莉桜と言い合っているシーンは、僕、全然伊藤の気持ちが1ミリも分からなくて、「もっと言えー!」って莉桜を応援しながら見ていました。

岡田くんは伊藤を演じているので、伊藤に愛情もあるみたいで、ある程度共感しているみたいですけどね。もちろん理解できるところがないと演じられないとは思うので、それは分かります。

――男からすると友達にはなりたくないですか?

そうですね。でも、もしいたらめっちゃいじります(笑)。

――へこたれなさそうですね。

へこたれなかったら逆に面白いですよね。

――逆に男性のキャラクターでは、どの方と仲良くなれそうですか?

クズケン(久住健太郎=中村倫也)と、僕が演じた田村はすごく思いやりのある人間なので、その2人はいいですよね。熱いクズケンと冷静な田村、男性だったら伊藤くんよりこの2人と仲良くなりたいです。

――田村も莉桜と二股だったのかな?という、ちょっとグレーなところがあるじゃないですか。あの辺はどう思われましたか?

演じているとき、そこだけは「う〜ん」と思いながらやっていました。田村は莉桜に特別な思いがあるので。2人の女性に対して恋愛関係にあって、不倫という意識もなく、恋愛関係を継続してもう一人の彼女と結婚することになっただけで。でも、何でそっちと結婚したんだろう、というのはずっと分からないままやっていました。

だって絶対今でも莉桜のことを思っているくせに(笑)。もちろんプロデューサーとしてというのもあると思うんですけど…。ドラマのせりふで「僕はプロデューサーとして、パートナーしてあなたとの道を選んだんです」って言っていたんですけど、まったく理解ができませんでした(笑)。

――ヨリが戻っているわけでもないですからね。

そうですね。恋愛感情を超えた特別な絆というか、ビジネスパートナーならではの絆ということなんでしょうね。

――それも含めて“やり手のプロデューサー”ってことですね! 女性の気持ちまで操っちゃうみたいな(笑)。

やばいヤツっすね。それはやり手だ(笑)。いいなあ、そんなプロデューサーに会いたいですね。

――ドラマのプロデューサー役ということですが、田中さんご自身はたくさんドラマに出ていらっしゃって、自分で作るならこういうものがいいってイメージはありますか? 

この作品もそうですけど、僕は毒がある方が好きなんでそういう作品がいいです。

――最近多いキラキラ系とかではないんですね。

そうですね。どうせ自分がプロデューサーとしてやるなら、毒を持った作品がいいし、自分の中に溜まっているものを全部ドラマで吐き出したいという思いはあります。

――タイトルの“A to E”にちなみまして田中さんのA(愛らしい部分)とE(イタい部分)を、それぞれ教えていただきたいのですが

愛らしいのは…怒ったりできないことですね。

――どんなにひどい扱いをされても?

今までずっと“後輩”という立ち位置でしたけど、今はもう年齢的にも中堅くらいになっちゃったので、上も下もいっぱいいて。プライベートでも「絶対ここで怒った方がいいよな」というときに怒れないんです。「どうやって言おうかな」と悩んじゃって。“怒る”というスイッチがもともとないみたいです(笑)。

例えば、この前ラーメン屋に並んでいたとき、変な人がこっちに向けて唾を吐いてきたんですよ。酔っぱらっていたのか分かんないですけど。

――えっ? それは田中さんと分かってですか?

はい。たぶんそうですね。「芸能人が調子に乗ってんじゃねーぞ!」という感じで。全然(調子に)乗ってないんですよ。普通にラーメン屋に並んでいただけなので(笑)。

――そうですよね。むしろ「顔パス」とかじゃなくて、ちゃんと並んでいたのに(笑)。

ええ。それで一緒にいた友達が「はぁ〜?」って怒ってくれたんですけど、「いいよ、いいよ。これ以上絡んでこなければ」ってなだめたんです。仕事でもそうですけど「これ、怒った方がいいよな」というときに怒れないんですよね〜。

――なるほど。ではイタいところは?

バカなことですね。

――いやいや(笑)。どういうことですか?

全体的にバカなんですよ(笑)。計算ができないというか。例えば家で遅くまでドラマを見ていて、「もう寝なきゃ〜。寝不足で明日つらいな」って思っていても、結果見ちゃう。「大人としてどうなんですか?」ってよく言われます(笑)。

――そういうことですか(笑)。

あと、約束もできない。「来週の何日にご飯行こうよ」って言われても、「ちょっとまだ分かんないな、その日は」って言っちゃう。だってその日になってみないと、ご飯に行きたい気分か分からないから(笑)。

もちろん、仕事の人から誘われたらお付き合いだから行かなきゃ!という分別は分かるので、「行きます!」って即答することもあるんですけど、友達だったら「ちょっと分かんない。仕事のスケジュールがまだ出てないし」って言うことはありますね(笑)。

――なるほど。そういうところひっくるめて愛らしい方なんですね(笑)。

そんなことないです。バカなだけです(笑)。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.