新年の“月9”は芳根京子×東村アキコの個性派ドラマ!【冬ドラマ人物相関図 ~月曜ドラマ編~】

冬ドラマの相関図を放送曜日ごとに紹介する同記事シリーズ。今回の月曜ドラマ編は、東村アキコの人気漫画を芳根京子主演でドラマ化する「海月(くらげ)姫」や、ジャニーズWESTの藤井流星と濱田崇裕がW主演するコメディドラマ「卒業バカメンタリー」など個性豊かな月曜日放送ドラマの相関図とストーリーを紹介!

【写真を見る】“オタク女子”役の芳根京子と、“イケメン女装男子”役の瀬戸康史の2ショット/(C)フジテレビ

■ 芳根京子がオタク女子を熱演!「海月姫」

'16年の朝ドラ「べっぴんさん」で一躍人気となった芳根京子が“月9”初主演。原作は恋愛には縁がないと思っていたオタク女子がひょんなことから一癖あるエリート兄弟と出会い、まさかの三角関係に発展していく様をユーモアたっぷりに描く東村アキコの同名コミックが初ドラマ化。

イラストレーターを目指して上京してきた倉下月海(芳根京子)は、小さいころからクラゲが大好きで、クラゲのこと以外には無頓着な筋金入りのクラゲオタク。イラストレーターとしては目が出ないものの、とあるアパートでさまざまなジャンルのオタク女子たちと楽しい日々を過ごしていた。そんなある日、月海は女装が趣味のプレーボーイ・蔵之介(瀬戸康史)と、議員秘書のエリート童貞・修(工藤阿須加)と出会う。

元々水族館に行くのが好きで、今回月海を演じるにあたって、改めて水族館にクラゲを見に行ったという芳根京子は「クラゲには本当に種類がたくさんあって、ひとつひとつじっくり見ていったんですけど、その中でもミズクラゲは見ていて心が和んで、すごく落ちつくんです。今はケータイの待ち受け画面をミズクラゲにしています」とクラゲの中でもミズクラゲがお気に入りの様子。また、「私も実際にクラゲを飼おうと思ったんです。でも、私の飼おうと思っていたクラゲの寿命が3 か月と知って、撮影中にいつか目を腫らして撮影現場に来ないといけない日が来るのではと、事務所の方から止められました(笑)。今はクラゲのグッズをたくさん買って、お家に置いていて、クラゲを飼いたい欲は静まりました(笑)」と自宅がクラゲグッズだらけであることも明かした。

■ 藤井流星&濱田崇裕W主演!「卒業バカメンタリー」

シソンヌ・じろうが脚本を手掛け、偏差値70超のエリート大学生たちの恋模様をドキュメンタリータッチで描く青春ドラマ。恋愛下手な愛すべき男子たちの迷走や悪戦苦闘を、コントさながらの“おバカ感”で繰り広げていく“ダメ恋日記”だ。

日本最高峰のエリート大学に通う大学4 年生のガク(藤井流星)、マオ(濱田崇裕)、コウキ(前田航基)、ジュン(吉田靖直)は、卒業までの90日間でオトナの男になろうと一大奮起。そんな彼らに、清掃員・田村(新井浩文)が女性との遊び方を指南する。

藤井流星、濱田崇裕、前田航基、吉田靖直の4人は稽古初日から自然と会話を交わし、連絡先を交換し合うほど、仲良しで息ぴったりな様子。まるで本当の同級生のように意気投合している。

■ 【帯ドラマ編】話題作が続くテレ朝お昼の「帯ドラマ劇場」次回作は?

ここからは、【帯ドラマ編】と題して、1月8日(月)からスタートする帯ドラマ(月曜〜金曜日放送)「越路吹雪物語」の人物関係とあらすじを紹介。

倉本聰のオリジナル脚本で、主演の石坂浩二ほか昭和を代表する俳優が大集結し大きな反響を呼んだ「やすらぎの郷」や、黒柳徹子の半生を大石静の脚本で鮮やかに描いた「トットちゃん!」など話題作が続いているテレビ朝日お昼の「帯ドラマ劇場」。注目の次回作は、シャンソンの女王・越路吹雪と盟友・岩谷時子との友情&波乱の人生を描く「越路吹雪物語」がスタートする。

■ 昭和を代表する大スター・越路吹雪の人生録「越路吹雪物語」

昭和の歌姫・越路吹雪と、稀代の作詞家・岩谷時子の友情物語を、瀧本美織、大地真央らが演じる。戦前〜戦後を駆け抜けた激動の人生が、懐かしの名曲とともに描き出される。

昭和初期、歌が大好きな美保子(岩淵心咲)は、病弱な姉・真佐子(渡邉このみ)のため、よく歌を歌っていた。父・友孝(尾美としのり)の転勤が決まり、母・益代(濱田マリ)は東京に残ったため美保子は父と赴任先の新潟へ向かう――。

‘10年に放送された朝ドラ「てっぱん」(NHK総合ほか)で親子役を演じた瀧本美織と木南晴夏が今作では生涯の親友を熱演する。瀧本美織は「2人で物語を作り上げていくことをとても楽しみにしています!」と意気込みを語り、木南晴夏も「これからはもっともっと“バディ”と呼べる関係になっていきたい」とアピールした。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.