1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

田中将大、納豆ご飯を3杯食べる1歳11か月の息子を心配する

 1月4日に放送された『櫻井・有吉THE夜会SP』(TBS系)にニューヨーク・ヤンキースの田中将大が出演。
アイドルが好きすぎる一面や子育てについての考え方などを語った。

 番組では、田中のアイドル好きな一面が話題に。
田中は「子どもの時はモーニング娘。が好きで、LOVEマシーンとかすごい流行ってて」ともともとアイドルに関心があったようで、「結婚してから、妻に『AKBがいいよ』みたいなことを…。妻もアイドルだったんですけどアイドルが好きで、勧められてたらアイドルもいいなって、ハマっていったんですね」と妻で元カントリーガールズの里田まいの影響で深くアイドルに興味を持ったのだという。

 だが、田中のアイドル好きはかなりディープらしく、「セットリスト全部、出演されるメンバーも全部決めてくれって…」とAKBの講演のプロデュースをした過去もあるようで、櫻井から「セットリストを決められるほど詳しいってことですか?」と聞かれ、「その時は決めました」と答え、スタジオ内を驚愕させた。

 また、田中の息子について「今1歳11か月ですよね?2歳児の平均が足のサイズ12〜14センチらしいんですよ。現在、(田中の)息子さんの足のサイズは16センチで、最近大人のお茶椀で納豆ご飯を3杯食べた」とまだ1歳であるにもかかわらず並外れた体格と大食漢っぷりを紹介される。
「自分の子どもとしてもビックリしますか?」と質問され、「あの…そんなに食べる?」と田中は我が子の成長スピードに心配しているらしい。

 さらに、息子に野球をやらせたいか聞かれ、「本人がやりたいって言えば、じゃあやりなってなりますけど。野球は大変なの分かってるし、いろいろ一回やってほしいですね。いろいろやってみて、楽しいやつを続けてほしいですよね」と必ずしも野球選手に育てたいという意思はないようだ。

 趣味をとことん突き詰めるのは一流の人に見られる特徴といえるだろう。
ピッチングと同様にアイドルに対しても自分なりの強いこだわりがあるのではないだろうか。 </span>

Let's block ads! (Why?)