「トドメの接吻」山崎賢人&菅田将暉 5年ぶりのホットな共演シーンに密着

山崎賢人がドラマ初主演を務めることで注目の「トドメの接吻」(1月7日スタート、日本テレビ系)の収録に、主題歌を担当しストリートミュージシャン・春海一徳役で出演する菅田将暉が加わった。プライベートでも仲がよい山崎と菅田だけに、撮影現場でも一緒の毛布にくるまったりギターを爪弾き合ったり。ふたりのそんなホットな共演シーンを取材した。

【写真を見る】一枚の毛布をシェアする山崎&菅田/撮影=龍田浩之

■ 山崎のボケに菅田がツッコミ!

「トドメの接吻」は、成り上がることだけを追う孤高のホスト・堂島旺太郎(山崎)が謎の“キスで殺す女”(門脇麦)にキスされるたびに「死」と「時間の逆戻り」を繰り返す――という超異色ラブストーリー。

この日撮影したのは1月7日放送の第1話、旺太郎が興信所の根津(岡田義徳)から母・光代(奥貫薫)の近況を聞かされ、複雑な気持ちで街を歩いている場面。旺太郎が、路上ライブの準備をする春海(菅田将暉)をチラリと見やり、通り過ぎていく。まだお互いを認識していないものの、春海と旺太郎が初めてニアミスする重要なシーンだ。

撮影は早朝から行われた。寒さが身に染みる中、山崎と菅田はそろって談笑しながら現場入り。山崎は、黒い革ジャンに黒のパンツ、黒のハイカットのスニーカー、黒のマフラー、黒とグレーのマーブル模様のカーディガンというスタイリッシュなファッション。一方の菅田は、ロシア帽にサングラス、茶色い革のコート、赤のストール、薄汚れた指なし手袋、赤いジャージのズボンにブーツ、といういでたちだ。

リハーサルが始まると、菅田はリラックスしてギターを弾きつつ、「ヤバいよ、一瞬でこうなった」と寒さでかじかむ指先を山崎にアピールしたり、旺太郎を振り返らせようと、わざとらしく歌声を大きくするなど、のびのびと撮影を楽しんでいる様子。

一方、山崎もメイキング風景を撮影するカメラに「ゆずです…クズです」と、“クズ男”という自身の役柄を踏まえたボケを飛ばし、関西出身の菅田に「『くず』はもういるよ(笑)」とツッコまれるなど終始リラックス。じゃれ合う二人にスタッフからも思わず笑いが起き、撮影はにぎやかに進んでいった。

■ 山崎&菅田で「さよならエレジー」をハモる!

本番前の待ち時間には、山崎が菅田からギターのコードを教わる一幕も。

ギターを持った山崎は、菅田からコードの押さえ方を教わり興味津々。そんな山崎に、菅田は「一回やれば慣れるよ。右手(のストローク)がね」「家にあるギター触ってないでしょ?それで練習しなよ」と話しかけ、24歳の菅田と23歳の山崎はまるで仲のよい兄弟のよう。さすがの勘のよさですぐさま右手のストロークをものにして見せた山崎に、菅田は「そう! いいね!」と嬉しそうに目を細めていた。

続けて、菅田が「(どうせなら)主題歌教えろよって話なんだけどね」と、自身が歌うドラマの主題歌「さよならエレジー」のコードを弾き始めると、山崎もコードを教わったり二人でコーラスをハモるなどノリノリ! 撮影の合間には、一枚の毛布を二人でシェアしたり、菅田のギターに合わせふたりで歌ったり…。スタッフから呼ばれるまでずっとギターを弾いていた二人。撮影自体も順調そのもので、ほとんどのカットを1〜2テイクで撮り終えるコンビネーションを見せた。

これまでに映画「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」(2012年)や2013年のドラマ「35歳の高校生」(日本テレビ系)などで共演し、プライベートでも親交のある山崎と菅田。お互いのSNSに登場したり、インタビューなどでお互いについて語るなど、二人の仲のよさは広く知られている。昨年12月25日にオンエアされた「菅田将暉のオールナイトニッポン」では、菅田がクリスマスイブを山崎と過ごしたことを報告している。そんな二人がドラマ「トドメの接吻」で約5年ぶりの共演を果たす。

タイムリープを繰り返す旺太郎(山崎)にアドバイスをするなど、予測不能なストーリーのカギを握ることになりそうな春海(菅田)。二人の共演シーンにも注目だ。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.