AKB48グループメンバーがリングで見せる熱き闘い『豆腐プロレス』名古屋大会2月開催 ハリウッドJURINA「それは、まさにデスティーノ」(デビュー)

 AKB48グループメンバーが本格的に取り組む迫力のプロレスシーンが反響を呼んだ連続ドラマ『豆腐プロレス』(テレビ朝日)。番組終了後、テレビを飛び出して実際のリングで行われたリアルイベント『豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX in 後楽園ホール』も、ファンのみならず、プロレス界も巻き込んで話題となった。そして半年の時を経て、戦いの舞台を名古屋に移し、リアルイベント第2弾『豆腐プロレス The REAL 2018 WIP QUEENDOM in 愛知県体育館』が2月23日に開催されることとなった。

【写真】『豆腐プロレス』後楽園ホール大会の模様。

 第2弾の舞台・名古屋は、『2017年度プロレス大賞』特別賞を受賞した、ハリウッドJURINAことSKE48・松井珠理奈の生誕の地。第1弾の後楽園ホールから規模を大きく拡大し、5000人以上を収容可能な「格闘技の聖地」愛知県体育館が戦いの場となる。

 前回大会は、オクトパス須田(SKE48・須田亜香里)を中心とする「反体制軍団」がチャンピオンベルトを強奪した場面で幕を閉じた。その須田率いるダースーベーダーズ、そしてJURINAのパートナーでありながら不穏な動きを見せる道頓堀白間(NMB48/AKB48・白間美瑠)の思惑。その間隙を縫って頂点を狙うシャーク込山(AKB48・込山榛香)、モーモー川本(AKB48・川本紗矢)、ヤバクネ谷口(AKB48・谷口めぐ)、ディーヴァおだえり(AKB48・小田えりな)らニューヒロイン達の進化など、新たな物語も注目される。

 さらに、ユンボ島田(島田晴香。2017年11月にAKB48を卒業)が抜け工事現場同盟の相棒を失ったクイウチ松村(SKE48・松村香織)の動向、ベビーから工事現場同盟入りし、ヒールの道を進んでいたブラックベリー向井地(AKB48・向井地美音)が次に進むべき道とは? さらに、「名古屋が戦場なら黙っていられない」という名古屋勢の新人の台頭は? そしてハリウッドJURINAは「WIP QUEENDOM」女王の座を守ることができるのか? プロレス界も注視する一大イベントに期待が高まる。

■ハリウッドJURINA(SKE48・松井珠理奈)コメント

「『ハリウッドJURINA 』がベルトをとった。全てが、ハッピーエンドで終わるはずだった。なのに…邪魔者が入り、ハリウッドJURINAは屈辱を受け、『ハリウッドJURINA』を完結させられなかった。触らぬ神に祟りなし、それは重々承知の上よ、お客様。ただ全てを、この怒りを、この魂を、再びリングにぶつける…。それは、まさにデスティーノ!WIP!2.23!名古屋!私は逃げも隠れもしない…。誰が相手であっても、女王の座は譲らない!合言葉はただひとつ!GO!JURINA!

【関連記事】

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.