夫がトラブル続きでも離婚しない南野陽子

 女優の南野陽子の夫が、都内の医療法人から業務上横領で刑事告訴されていたことを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

 南野は、11年のひな祭りに4歳年下のIT関連会社社長と結婚。その際、南野が結婚会見で、推定価格1000万円以上の結婚指輪を披露し“セレブ婚”として話題になっていた。

 ところが、その後、続々と夫の金銭トラブルが明らかに。社長をつとめる会社をめぐっての知人との億単位の金銭トラブル、妊娠させた女性への金銭の未払いなどが報じられていた。

 そして、ついに警察沙汰のトラブルが発覚。同誌によると、南野の夫は16年7月に都内の医療法人の事務局長に就任。印鑑と通帳を管理して経理を取り仕切っていたが、同年12月、銀行からの融資金の返済や、取引先への振り込みが滞っていることが発覚したという。

 そのため、同法人の理事長は南野の夫から通帳と印鑑を取り返したところ、なんと9000万円以上の使途不明金が発覚。そして昨年末、理事長は警察に業務上横領による告訴状を提出していたというのだ。

「南野は不倫を認めた斉藤由貴に代わり、今月スタートのNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演。万が一、夫が逮捕されるようなことになれば、何らかの対応をする必要がありそうだが、南野は『我関せず』というスタンス。それでも現状でまったく離婚する気はないようだ。夫のおかげでそれなりの“セレブ生活”をしていたこともあり、離れられなくなってしまったのでは」(芸能記者)

 同誌が南野の夫を直撃したところ、横領の事実を否定。自宅で南野を直撃したところ、インターホン越しに「迷惑なので、事務所を通してもらえませんか」と話したという。

 南野が公の場に出た際、夫の件についてどうコメントするかが注目される。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.
カテゴリー


次の記事