六本木「スペースインベーダー展」コラボカフェ&追加アトラクション決定

【PLAY!スペースインベーダー展/女子旅プレス】1978年にリリースされ日本中を席巻したゲーム『スペースインベーダー』の誕生40周年を記念した「PLAY!スペースインベーダー展」が、2018年1月12日(金)〜1月31日(水)まで、東京・六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」にて開催される。5日、新アトラクションの追加やコラボカフェ情報が発表された。

【さらに写真を見る】六本木「スペースインベーダー展」コラボカフェ&追加アトラクション決定

◆開催迫る「PLAY!スペースインベーダー展」


本展覧会は“スペースインベーダーと遊ぼう!”をテーマとした、『スペースインベーダー』の世界を体感できる様々なコンテンツを用意。窓越しのパノラマ夜景とインベーダーゲーム空間、そしてテクノロジーが融合した、参加者自身が動いて遊べる体験型の展覧会となっている。

◆4種のアトラクション


六本木ヒルズ展望台 東京シティビューに入ると、まず目に入るのは大型のガラス面に「スペースインベーダー」を投影し、煌めく都心の夜景を眼下に、六本木の夜空に襲来するインベーダーを最大10人同時プレイで迎え撃つ「SPACE INVADERS GIGAMAX」。縦7m×横15mの巨大窓をスクリーン代わりに、プロジェクション・マッピング映像を投影することで、夜景を見下ろしながらゲームプレイができるのはここだけだ。

この他、450度の映像空間で光と音にあわせて攻めてくるインベーダーを体を動かして倒す「バハムートディスコ feat.SPACE INVADERS」、ボルダリングをしながらインベーダーを叩いて倒していく「NOBORINVADERS(ノボリンベーダー)」に加えて、本展覧会4つ目のアトラクション「ARKINVADERS(アルキンベーダー)」の追加展示が決定。

「ARKINVADERS」はプロジェクションされたバーチャルフィールドの上で、体を動かして遊ぶ体感型ゲームで、操作も足を使ってボールを蹴るだけと非常に容易なため、家族や友人同士で気軽に盛り上がれる。

◆スペースインベーダーカフェ コラボメニュー


また、会場内最後のスペースにはグッズコーナーや、『スペースインベーダー』のコラボカフェ「SPACE INVADERS CAFE」も併設。真っ赤なライスの「インベーダーカレー」や「焼(イン)ベーダーのパオサンド」、「スペースワッフル」、「シューティングカクテル(ノンアルコール)」といった限定スペシャルメニューを提供する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■PLAY!スペースインベーダー展 開催概要


会期 :2018年1月12日(金)〜31日(水)※会期中無休
時間:10:00〜22:00(最終入場21:30)
※「SPACE INVADERS GIGAMAX」の展望台窓面への投影プレイは日没後(17:30以降)
会場:六本木ヒルズ展望台東京シティビュー
住所:東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階東京シティビュー
料金:一般 1,800円、高校・大学生 1,200円、4歳〜中学生 600円、シニア(65歳以上)1,500円
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)TAITO CORPORATION 1978, 2017 ALL RIGHTS RESERVED

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)