真矢ミキ『越路吹雪物語』のナレーション、“愛しさ”を込めて盛り上げる

真矢ミキが、1月8日(月)からスタートする昼の帯ドラマ『越路吹雪物語』(テレビ朝日系、毎週月〜金、12:30〜※BS朝日<再放送>毎週月〜金、7:40〜)のナレーションを担当することがわかった。

『越路吹雪物語』は、昭和の歌姫・越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”がたどった波乱万丈の人生と、盟友の作詞家・岩谷時子との濃密な友情を綴っていくドラマ。“落ちこぼれ”といわれた宝塚時代、生涯の友・時子との運命的な出会い、戦争を乗り越えた2人が新しい歌の世界を切り拓き、二人三脚でトップスターへと駆け上がっていく軌跡……。昭和という激動の時代を背景に、誰もが耳にしたことのある名曲の数々をちりばめながら、華やかなるものの“光と影”を紡いでいく。そんな越路さんの青年期を瀧本美織、絶頂期を大地真央が演じる。そして、同じく宝塚歌劇団出身であり、越路さんと大地の下級生(後輩)にあたる真矢が、温もりあふれる声でドラマを盛り上げる。

真矢がナレーションを担当する上で、最も大切にしたのは、“ヒロインへの愛しい思い”。「好奇心いっぱいな少女時代の越路さんが本当にかわいらしくて……そんな愛しさや温もりを込めてナレーションを読みたいなと思いました」と語っており、収録中は監督と声のトーンについて確認しあいながら、作品のナビゲーションを務めたという。

また、真矢は退団後しばらく不遇の時代があり、そのとき大スター・越路さんの活躍にヒントを求め、越路さんの映像を借り集めて片っ端から鑑賞したという秘話を告白。「大好きすぎて困る越路さんを、これまた大好きな大地真央さんが演じられるなんて……私としては本当にたまらないですね! また、どんな時代もパイオニアとして発信してきた人は魅力的。そういうことがひとりでも多くの皆さんに伝わると思うとうれしくて仕方がないです。今、私の心は、少女時代の越路さんのように躍っています!」と、ワクワク感を抑えきれない表情でドラマへの期待を語った。

真矢ミキコメント全文

――どんな思いを込めてナレーションを読まれましたか?

ドラマにナレーションを入れるのは初めてですが、非常に光栄です。台本が面白く、自分がナレーションだということを忘れて一気に読んでしまいました。越路吹雪さんの幼い頃についてはまったく知らなかったのですが、やはり才能のある方はユニークで、他人に左右されない自分ならではの視点を持っている、というところに感動しました。上級生(先輩)に対して失礼かもしれませんが、人よりも何十倍も何百倍も好奇心いっぱいな少女時代の越路さんが、本当にかわいらしくて……。そんな愛しさや温もりを込めて読みたいなと思いました。戦争が影を落とす時代の物語でもあるので、歴史的な事実については感情をこめずに淡々と読むべきなのかもしれませんが、越路さんの熱、明るさ、力が感じられるようにナレーションを入れたいなと考えました。

――越路さんは真矢さんにとってどのような方ですか?

実は私、宝塚を辞めた直後、越路さんの映像をさまざま借り集めて見たんです。宝塚出身者には根強いファンがついてくださいますが、やはり世間の皆さまの心に広く深くしみる大スターであり続けたのは越路さんを置いてほかにはいないと思って…。そういう方がどんなことを考えていたのか、知りたいなと思ったんです。だから、岩谷時子さんにも自分でアポイントを取ってお会いしに行きました。退団して2年ぐらいでまだあまり仕事がない時代でしたが、越路さんにもさまざまな挫折があったことを教えてくださり、いろいろ挑戦してみる気持ちが大事よ、というアドバイスをいただきました。でも岩谷さんの心のスポットライトは常に越路さんに当たっているのだなと感じたことも覚えていますね。

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.