「逃げ恥」最終回秘話&打ち上げ裏話「ガッキーの連絡先は…」原作者が暴露

【逃げるは恥だが役に立つ/モデルプレス=1月3日】TBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(通称:逃げ恥)の原作者で漫画家の海野つなみ氏が3日放送された同局系「同い年のマジですごいやつ〜各業界のカリスマ年男年女大集合〜」に出演。ドラマの最終回や打ち上げ話を明かした。

「逃げ恥」パロディの“裏話&小ネタ”に新垣結衣も驚き「気づかなかった!」

「逃げ恥」は2016年10月クールに放送され、「2017年日本民間放送連盟賞」や「第43回 放送文化基金賞」など名のあるドラマ賞レースを総なめにし、37冠を達成。“恋ダンス”などの社会現象を巻き起こした。

◆最終回の裏では?


同作では、ドラマの最終回が原作漫画の最終回よりも先に放送され、結末の読めない最終回に世間は騒然。海野氏は「一応、こんな風に終わります、とは最初に言っていましたが、最後のネームが出来た段階で担当さんを通じて向こう(ドラマ)のプロデューサーさんや脚本家さんに送っていた」と秘密を明かした。

◆打ち上げ裏話も暴露


またドラマの打ち上げに参加したという海野氏。「打ち上げの時は席が決まっていて、その後の2次会の席が自由だったんです。でも講談社チームで座っていたので、周りが編集長とか知り合いばっかりで(笑)。『私だって皆と喋りに行きたい』と言ったら、講談社の方が『あっちで星野(源)さんとか皆さんとお話を…』って連れ出してくれました(笑)」と明かし「古田新太さんの若い頃の話とか、若い頃かっこよかったんだよーとか」と会話の内容を紹介した。

さらにお笑いタレントのいとうあさこは「ガッキーとLINE交換はしたんですか?」と女優・新垣結衣との交流について質問。海野氏は「ガッキーの連絡先は知らないですけど、古田新太さんは家の電話番号を教えてくれた。飲みに行こうよ〜って」と明かし、スタジオを笑わせていた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)