1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

「逃げ恥」原作者、収入事情を告白 ドラマヒットで月収が年収の「3倍以上」 

【逃げるは恥だが役に立つ/モデルプレス=1月3日】TBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(通称:逃げ恥)の原作者で漫画家の海野つなみ氏が3日放送された同局系「同い年のマジですごいやつ〜各業界のカリスマ年男年女大集合〜」に出演。同作のヒットによる収入激増を明かした。

「逃げ恥」パロディの“裏話&小ネタ”に新垣結衣も驚き「気づかなかった!」

「逃げ恥」は2016年10月クールに放送され、「2017年日本民間放送連盟賞」や「第43回 放送文化基金賞」など名のあるドラマ賞レースを総なめにし、37冠を達成。“恋ダンス”などの社会現象を巻き起こし、原作は、10万部で成功と言われる少女漫画で累計360万部を超える異例の大ヒットを記録した。

◆逃げ恥ヒットで収入激増


この日、覆面をかぶり出演した海野氏は、同作の売れ行きについて「ドラマでガーンと行きました」と紹介。印税の9割は出版元の講談社で、残りの1割が自身に入ることも明かした。印税だけで単純計算約1.6億円の収入となるが、詳細な額は明かさず「すごかった…です」と海野氏。「ドラマが始まって、微妙に収入が高くなってきたんですけど。ドンって電子(書籍)とかも来て。それで1カ月の月収が去年の年収を超えてた。3倍以上でした」とその額の大きさを表現した。

MCの劇団ひとりから「家買えちゃいます?」と問われると海野氏は「それはもう買えちゃいますね」と即答。ドラマの原作料については「こんなにもらえるんだって思いました。原作使用料ってことでまとまったお金がきました」と明かした。

◆過去には仕事がないことも


18歳で漫画家デビューしたものの「1年間くらい仕事が無いのが2回くらいありました」という海野氏。「逃げ恥」のヒットまで27年かかったが「大学4年間の間に連載と単行本を出したので、これで食べていけると思って、就職活動をしないで漫画家一本になったんですけど、まず卒業後1年間仕事がなかった。ははは」と明るく回顧した。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)

カテゴリー未分類