1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

ビートたけし「ひどい目に遭った」東京五輪の思い出明かす

1月4日(木)に「奇跡体験!アンビリバボー2018 新春3時間SP 〜東京オリンピック1964を陰で支えたメダルなき日本ヒーローたち〜」(夜7:00-9:54、フジテレビ系)が放送される。

【写真を見る】新川優愛、剛力彩芽…美女たちのドレス姿も注目!/(C)フジテレビ

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り約2年。アジア初開催であった1964年東京オリンピックの2年前、戦後の日本復興をアピールすべく、水面下で戦ってきた“メダルなきヒーローたち”の姿を振り返る。

本番組のストーリーテラー・ビートたけしは、1964年の思い出を「こっちはひどい目に遭ったんだよね」と振り返る。

「東京オリンピック開催前に環七(東京都道318号環状七号線)ができたけど、当時、自宅が環七の所にあってね。親父が区議会義員に『お宅の所に環七が走るから、お金が入る』と言われて、毎晩酒飲んで宴会騒ぎしていたら、2m先に道路が通っちゃってね。

ダンプカーが砂利まいててほこりまみれで、洗濯物も干せなくて、毎日親父とお袋がけんかしてたんだよ。土地が売れた人はおしゃれなレストランとか始めてお金持ちになっちゃって、こっちはひどい目に遭ったんだよね。やっぱりいい思い出ないなぁ」と、苦い思い出を明かした。

また、2020年東京オリンピック演出を山崎貴監督ら複数の専門家がチームで手掛けることに「俺もずっとうわさがあったけど、誰も俺にコンタクトを取らないんだよね。宇宙船で入場とか見事な演出だったのになぁ。

座頭市の点火式、火薬でドーンなんて、過激な演出を言い過ぎちゃったかな。俺は危険でやらせてくれなかったな。残念な結果だったね。ボロクソに言う準備しておかなきゃ(笑)」と“アンビリバボー”な提案を悔やんだ。(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)