1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

桑田佳祐、紅白中継&年越しで40万人ツアー完結「今年も頑張っぺよー!!」

 桑田佳祐が昨年12月31日、横浜アリーナで全国アリーナ&ドームツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」』のファイナルを迎えた。特別出演歌手としての出場となった『第68回NHK紅白歌合戦』の生中継やカウントダウンも行われ、10ヶ所18公演で約40万人を動員したツアーを盛大に締めくくった。

【ライブ写真】新旧ヒット曲を惜しみなく披露した桑田佳祐

 年越しライブは午後9時半に「しゃアない節」からスタート。昨年10月17日の新潟公演から始まったツアーで回った各地のことを語った桑田は「どこに行っても温かいお客さんに囲まれて、本当に幸せでございます。ありがとう」と喜びをかみしめた。

 最新アルバム収録曲「愛のプレリュード」「愛のささくれ〜Nobody loves me」「大河の一滴」「百万本の赤い薔薇」などを立て続けに披露。さらに、「古の風吹く杜」を皮切りに過去の楽曲も歌い、「東京」はエレキギター一本で弾き語り。観客はその迫力に息をのんだ。

 「君への手紙」で会場全体が多幸感に包まれると、このライブ中の一大イベントである『第68回NHK紅白歌合戦』の中継に突入した。午後11時20分頃、ステージにNHKの有働由美子アナウンサーが登場し、東京・渋谷のNHKホールと中継でつながった。

 桑田が主題歌を担当したNHK連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロインで、紅組司会の有村架純が「約10ヶ月にわたって、私が(ヒロインを)演じられたのもこの曲があったからです。何度もこの曲に助けられました。感謝の想いを込めて。桑田佳祐さんで『若い広場』」と曲振り。大サビでは飛び入り参加した有働アナも桑田と肩を組んでの大合唱となった。桑田は『ひよっこ』の紅白特別編にも登場し、劇中で使用された1965年の名曲「涙くんさよなら」を作詞作曲した浜口庫之助を熱演した。

 紅白中継が終わると、30年前のソロデビュー曲「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」「波乗りジョニー」で会場の熱気は最高潮に。2017年最後のナンバー「ヨシ子さん」では、20人以上のダンサー、楽曲の世界観を表現するバルーン、会場を舞う煌びやかな紙吹雪がサイケデリックでカオスな空間を作り出した。楽曲が終わると白無垢姿のヨシ子さんのかけ声をきっかけにカウントダウンがスタートし、ファン1万4000人と新年を迎えた。

 そのままアンコールに突入し、KUWATA BANDの「スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)」、さらには「白い恋人達」などの名曲を連発。ラストの「明日晴れるかな」の曲中、桑田が「昨年は本当にありがとうございました! 今年も頑張っぺよー!!」と呼びかけると大歓声がわき起こり、会場が一体となっての大合唱で大団円を迎えた。

 ツアーの模様は3日午後9時からWOWOWで放送される。

◼︎ セットリスト
01. しゃアない節
02. 男達の挽歌(エレジー)
03. MY LITTLE HOMETOWN
04. 愛のプレリュード
05. 愛のささくれ〜Nobody loves me
06. 大河の一滴
07. 簪/かんざし
08. 百万本の赤い薔薇
09. あなたの夢を見ています
10. サイテーのワル
11. 古の風吹く杜
12. 悲しみよこんにちは
13. Dear Boys
14. 東京
15. Yin Yang(イヤン)
16. 君への手紙
17. 若い広場
18. ほととぎす[杜鵑草]
19. 過ぎ去りし日々(ゴーイング・ダウン)
20. オアシスと果樹園
21. 悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)
22. 波乗りジョニー
23. ヨシ子さん
【アンコール】
24. スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)
25. 銀河の星屑
26. 白い恋人達
27. 祭りのあと
28. 明日晴れるかな </span>

Let's block ads! (Why?)