1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

恒例1月1日 DISH//武道館公演開催 新曲も初披露

DISH//が2018年1月1日(月・祝)に東京・日本武道館にて4年連続5回目となる恒例のワンマンライブ「DISH// 日本武道館単独公演’18『&DISH//』」を開催した。

本公演は5組のプロデューサーがDISH//をプロデュースする内容。

BiSHを手がける松隈ケンタ&渡辺淳之介によるプロデューサーチームは“We Will Rock You”をテーマにアナーキーでラウドなステージを演出し、
会場をヘッドバンキングの嵐に叩き込んだ。激しいシャウトを響かせていた北村匠海は、エレキギターを振り下ろして破壊。爆音とともに「DISH//」の名前が記された電飾の看板も崩壊した。

そして、創刊81周年を迎えるアート雑誌「装苑」は、衣装のイメージや人間の裏表を表す“コントラスト”をテーマにランウェイを使ったファッションショウとミュージカルのようなダンスを融合。

スターダストプロモーションの“偉い人”で、DISH//の名付け親である理事長のテーマは“コント”。DISH//の後輩であるM!LK、SUPER★DRAGON、さくらしめじ、MAGiC BOYZの4組が参加し、「北村家の人々〜お正月編〜」と名付けられた寸劇を披露した。

さらに、オフィシャルファンクラブ「皿組GOLD」会員によるスラ(//er)デューサーのコーナーでは、メンバー一人一人が3階に移動し、懐かしの曲をメドレーでパフォーマンスしたほか、ソロ曲のシャッフルメドレーに続き、昨年の元旦公演の加入から1周年を迎えた泉大智(ds)を祝う、ファンからのサプライズもあった。

本編の最後はセルフプロデュース、ドラマ主題歌としてヒットした『僕たちがやりました』や、5人で初めてレコーディグした始まりの曲である『東京VIBRATION』をエモーショナルにプレイ。ヴォーカル&ギターの北村匠海が「ここから五人でどんどん走ります!」と決意を示し、本編の幕は閉じた。

アンコールのプロデュースを担当したヒャダインこと前山田健二が掲げたテーマは「スクラップ&ビルト」。メンバーひとりひとりがスポットライトのもとで、この1年間で感じていた迷い、葛藤を正直に吐露。今の自分たちを表しているという小さなお皿を割りながら、新しいジャンルである“ダンスロックバンド”の先駆者としての道を切り開いていく決意を表明。「いつか絶対に横浜スタジアムに立つ」と約束し、その言葉通りに『I Can Hear』を踊りながら歌い、楽器を演奏し、「ダンスロックバンドの先駆者」としての在り方を見せつけた。さらに、Wアンコールでは新衣装と新曲『勝手にMY SOUL』を初披露。ポリシーを持ってまっすぐ突き進むことを自分の魂に問いかけるロックナンバーを熱唱し、キャリア史上最長となる4時間弱のライブは締めくられた。

なお、DISH//はテレビ東京系で1月から放送されるテレビアニメ「『銀魂』銀ノ魂篇」のオープニングテーマに起用されたニューシングル『勝手にMY SOUL』を2月21日にリリース。さらに、早速、4月からライブイベントツアーを開催することを発表。2018年もダンスロックバンドとして躍進するDISH//から目が離せない。

Let's block ads! (Why?)