1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

沢村一樹×高嶋政伸、新春ワンダフル対談!「“卓ちゃん”キャラは野際さんのおかげ」

沢村一樹が演じるスゴ腕外科医・相良浩介が活躍するテレビ朝日系人気ドラマシリーズ「DOCTORS〜最強の名医〜」が3年ぶりに復活!

【写真を見る】卓ちゃんの“んんんっ!”も飛び出した!? 劇中の関係性を示すようなツーショットグラビア/撮影=龍田浩之

これまで、連ドラがパート3まで制作され、スペシャル版も2本放送されたおなじみの医療ドラマの最新スペシャルが満を持して新年早々の1月4日(木)夜9時に登場する。

今作でも、相良の見事な策士ぶりをはじめ、高嶋政伸扮(ふん)する“モンスター医師”森山卓が堂上総合病院の院長として君臨したり、生体肝移植の女の子が転院してきたりと、ひと波乱もふた波乱もありそうな予感が。

さらに“卓ちゃん”の、お母さんが初めて姿を現すことに。息子のことが大好きな母親を演じる松坂慶子の“ママっぷり”にも注目だ。

今回は「新春スペシャル」として、沢村と高嶋の新春SP対談をお届け!

劇中では対立している関係の2人だが、和やかな雰囲気の中、撮影現場のエピソードやお互いの“最強”部分など、戌年にふさわしい“ワン”ダフルな話を披露。

また、それぞれのオンリー“ワン”についても聞いてみた!

――連ドラシリーズの「パート3」から3年がたちました。

沢村:どこに行っても「もうやらないんですか?」と聞かれていたので、またこの作品に参加できてうれしいです。今回は、今まで以上にパワーアップしていますよ。

高嶋:僕も、ある現場でご一緒した伊東四朗さんから「あの“変人”、またやらないの?」って、何度も聞いていただいて(笑)。

「ぜひ、やりたいと思います」と答えていたので、新作のお話が来て良かったなと。きっと、素晴らしい作品になると思って撮影に臨みました。

――久しぶりに参加した「DOCTORS」の現場はいかがでしたか?

沢村:ちょっとだけ、変わったところもありますけど、スタッフもキャストもほとんど同じ。3年もたっていたという感じがしないくらい、いつも通りでした。もう、相良という役が体に染み付いているのかもしれませんね。

高嶋:現場は、何も変わっていませんでしたね。ただ、卓ちゃんになるまでは時間がかかったような気がします。最近、変なキャラクターを演じることが多いので(笑)、他の役と混ざってしまいそうになるんですよ。

そうなると森山卓という役が成立しなくなるので、とにかく声を出して台本を読み込みました。おかげで、現場に入る時は純度100%の卓ちゃんになれましたね。

――それぞれのキャラクターに変化は?

沢村:相良に関しては、大きく変わったところはないですね。相変わらず、腹の中で何を考えているのかは分かりませんけど(笑)。森山先生は、今回もすごいですよ。

高嶋:そうですね。今回の台本は喜怒哀楽が激しくて、卓ちゃんの「んんんっ!」にも、さまざまな意味合いがあるんです。何かを訴えたりするだけじゃなくて、悲しみなどの感情も混ざっていて。ほとんど、“獣”に近い感情でうなっています(笑)。

沢村:傍から見ていると本能で動いている感じがします(笑)。

高嶋:本当にそうなんですよ。だから、動物っぽいと言いますか、赤ん坊のような感じ。僕の生まれたばかりの子供の表情を役作りの参考にしました(笑)。

沢村:森山先生は暴君なんですけど、どこか憎めないというか、ちょっとかわいらしい部分もあるんですよ。それは、高嶋さんの役作りとお芝居があってこそですし、福田(靖)さんの脚本の面白さでもあると思います。

高嶋:それと、卓ちゃんのおばを演じられた野際陽子さんのリアクションが作ってくださった部分は大きいです。最初は、こんなキャラじゃなかったんですけどね(笑)。パート1の時からずっとそうですけど、野際さんの反応によって変わっていったような気がします。

沢村:今でも「卓ちゃん!」という、あの言葉が耳に残っていますもんね。

高嶋:本来だったら、善悪の二元論で分けられるところなんですけど、そうではないところがこの作品の魅力。例えば、ちょっと悪者の卓ちゃんをぶった斬ってスッとするという爽快感がありつつも、本当に悪なのかなと思わせるような描き方になっていて。

相良先生がいい人なのかというと、見方によっては悪者にも見えてくる。二元論で割り切れない福田さんの脚本はすごいなと思います。本当に悪い人は出て来ないですから。

沢村:どちらかというと相良の方が腹黒いんでしょうね(笑)。

高嶋:ええ。今回も最後の相良先生は怖かったですからね。カメラマンも撮り方を分かっていて、必ず斜めから撮るんですよ、沢村さんのことを(笑)。

沢村:確かにそうですね(笑)。

高嶋:それと、沢村さんの目の迫力もポイント。年々、すごみが増しています。

沢村:卓ちゃんをにらみつけるシーンがありましたね。

――今作では、松坂慶子さん扮する森山先生の“ママ”が登場しますね。

高嶋:とても素晴らしいお母さんでした。卓ちゃんの良いところも悪いところも全部愛してくれる。この母にして、この息子あり。本当に懐が深い、深過ぎる母ですね(笑)。現場で松坂さんに笑っていただけるとホッとするんです。

沢村:そんなふうに思っていたんですか。初めて知りました(笑)。

高嶋:笑いって、ダイレクトなリアクションですから。松坂さんが笑ってNGになると、何かうれしくて安心するんです。

沢村:あの親子は最強でしたよ(笑)。

――タイトルにちなんで、お互いの“最強”だと思う部分は?

高嶋:沢村さんはお芝居に無理がない。自然なんですよ。やっぱり、自分にないものを絞り出そうとしてもダメですから。自分の中にあるもので調和を取りながら演じていくことが一番自然ですし、見ている方も心地が良いと思います。

沢村:ありがとうございます(笑)。高嶋さんは、とにかく多趣味。映画もたくさん見ているので、役作りをする時の引き出しがたくさんあるんですよ。森山先生を演じる時も、全然違うジャンルから引っ張ってきて役を膨らませたりする。

それと、現場での集中力。絶対にNGを出さないんだという姿勢がすごいなと思っています。

高嶋:NGはいっぱい出していますけどね(笑)。昔、劇団にいた時に先輩の役者さんから芝居を止めるなと言われたことが心に残っているんですよ。だから、せりふが出てこなくても、何かしゃべってつなげようとしちゃう。

他の現場では監督から「ふざけてるよね」って言われたことがあります(笑)。だから、みんなやりづらいんじゃないですかね。

沢村:どこから引っ張ってきたんだという言葉が飛び出しますから(笑)。ほとんど、僕が笑ってしまってNGになることが多いです。

――2018年は「戌年」ということにちなんで、お二人にとってのオンリー“ワン”は何ですか? 例えば、普段の生活に欠かせない必需品や大切なものなど。

沢村:う〜ん、何でしょうね。大切なものと言ったら、高嶋さんもお子さんが生まれて、僕も子供が3人いますからやっぱり「家族」ですよね。オンリーワンと聞かれたら。

高嶋:もちろん、僕も同じですね。好きなものだったら、映画やジャズなどがあるけど…。

沢村:欠かせないものは、最近だと携帯ですかね。空き時間によく検索していました(笑)。

――何を探していたんですか?

沢村:ミニカーのサイトを見ていたんです。黄色いフェラーリの「ディーノ」が欲しくて。買おうと思えば買えるんですけど、好き過ぎてまだ手に入れていないんです。手に入った瞬間、この好きだという気持ちが消えたら嫌だなと思って(笑)。

高嶋:いつも持ち歩いている物だったら僕は「葛根湯」ですね。ゾクッときたらすぐ飲んでいます。

沢村:僕も持っています。(風邪を)ひき始めの時に飲むと効くんですよ。

高嶋:この前、街を歩いていたらメキシコから来た夫婦と出会ったんですけど、何か咳き込んでいるんですよ。だから「ディス、イズ、ナチュラル。ノー、ケミカル」って伝えて葛根湯をあげました。喜んでもらえたのか「グラシアス!(ありがとう)」って言われて握手されました(笑)。僕らの仕事は鼻声になると、いろいろ支障をきたしますからね。

沢村:僕もすぐ鼻声になるんですよ。

高嶋:沢村さんは、現場で「今日、鼻声なんですよ」って言うんですけど、僕らからするといつも通りの声なんです(笑)。

沢村:自分の中では、調子の波みたいなものがあるんです(笑)。

高嶋:初めてお会いした時に言ったんですけど、沢村さんの声はフォギーボイス。霧がかかったような声なんです。こっちがどんなに面白いことを言っても、そのフォギーボイスに包まれて全部持って行かれてしまうんですよ(笑)。

沢村:自分では、分からないですけど…、すみません(笑)。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

Let's block ads! (Why?)