1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

欅坂46×内村光良コラボ実現 平手友梨奈とWセンターで「不協和音」<紅白本番>

【NHK紅白歌合戦・欅坂46/モデルプレス=12月31日】欅坂46が31日、東京・渋谷のNHKホールから生放送中の「第68回 NHK紅白歌合戦」に出演した。

【さらに写真を見る】欅坂46、囲み取材&紅白リハの様子

昨年に続き2回目の出場となる欅坂46は、4thシングルでグループ史上最高難度のダンスに挑んだ迫力のパフォーマンスが特徴の「不協和音」を後半トップバッターで披露。

放送前から一部報道では、総合司会を務めるウッチャンナンチャンの内村光良がメンバーと本格ダンスをするコラボ企画に参加する予定と言われていたが、左足を負傷していることが明らかとなっており、コラボ実現なるか注目が集まっていた。

欅坂46のステージではコラボならず。しかし、その後のTOKIOのパフォーマンス後、別室からの映像で、総合司会の内村光良が座長を務めるコント番組「LIFE!」で内村扮するNHKのゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクター三津谷寛治が登場。「内村の光良が一緒に踊るという夢が叶いませんでした。良いでしょうか?紅白のテーマは『夢を歌おう』それを貫かないのはまずいですよね。NHKなんで」と決めポーズをきめ、再び言及。

白組司会の嵐・二宮和也や紅組司会の有村架純が「内村さんが悪いんですよ!」とつっこむと、「そんなの三津谷は嫌だ!」と叫び、カメラはステージへ。欅坂46とお揃いの衣装、センター平手友梨奈の隣に内村が立ち、Wセンターでキレキレダンスコラボが実現。最後は内村が「皆さんも夢を歌いましょう!」と声を上げ、“「NHKなんで」ポーズ”をメンバーと一緒に決めた。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」


今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)