【紅白リハ】AKB48、30パターン練習 白組司会・二宮は同情「よく受けたよね」

■『第68回NHK紅白歌合戦』リハーサル2日目(30日、東京・渋谷 NHKホール)
 紅白史上初の試みとして、視聴者投票で決まった3曲をメドレーで披露するAKB48紅白選抜がカメラリハーサルに登場した。投票結果は本番のステージ上で発表されることから、HKT48の指原莉乃は「本番まで本当に知らないんです。困っています。30パターン覚えました」とこぼした。

【写真一覧】昨日のリハでは…1位に「11月のアンクレット」を引き盛り上がるAKB48

 カメラリハーサルでは、視聴者投票結果10位〜4位までを、曲目は空白のまま一挙に発表。3位〜1位までは1曲ずつ紹介された。前日の音合わせリハーサルのためにグループ総監督の横山由依が引いたくじを踏襲し、3位「大声ダイヤモンド」(センター=松井珠理奈)、2位「ほねほねワルツ」、1位「11月のアンクレット」(いずれもセンター=渡辺麻友)でリハーサルに臨んだ。

 白組司会を務める嵐の二宮和也は「なんで断らなかったんだろうね? よく受けたよね」「大変だよね。年末忙しいのに」「でも、観る方としては楽しみだよね」などと同情しつつも感心しきり。

 総合司会の桑子真帆アナウンサーはステージ上でフォーメーション確認をするメンバーに視線を送りながら「メンバーの皆さんは、1分で3曲の立ち位置を確認することになります」と紹介。二宮は「こういうところを観ていただくのも貴重じゃないですか? 撮るほうも大変だよね」と話していた。

 なお、上位10曲は「夕陽を見ているか?」「大声ダイヤモンド」「言い訳Maybe」「Beginner」「恋するフォーチュンクッキー」「希望的リフレイン」「#好きなんだ」「11月のアンクレット」「ほねほねワルツ」「365日の紙飛行機」(順不同)。 </span>

Let's block ads! (Why?)