乃木坂46「レコ大」大賞おめでとう!ミリオン達成・東京ドーム・写真集フィーバー…2017年は飛躍の年に【2017年末特集】

【乃木坂46/モデルプレス=12月30日】年末恒例の音楽賞「第59回 輝く!日本レコード大賞」の最終選考会が30日、東京・新国立劇場で開催され、乃木坂46が「インフルエンサー」で初の大賞を獲得。2017年の乃木坂46の活躍を改めて振り返る。

【さらに写真を見る】パフォーマンス写真

◆橋本奈々未さん、卒業&芸能界引退


2月20日、1期生で過去のシングルすべてで“福神”と呼ばれるフロントメンバーを務め、グループきってのクールビューティーとして人気を誇った橋本奈々未さんが卒業、そして芸能界を引退。ファンからは“ななみんロス”の声が殺到した。

1期生の中元日芽香が8月に、伊藤万理華が10月に卒業を発表。中元は芸能界を引退、伊藤は卒業後の進路について具体的には明言していないがなんらかの活動をする模様。ともに選抜、アンダーでのセンターを経験したグループの功労者だった。

そんな中、2013年5月に2期生が加入して以来、約3年4ヶ月ぶりとなる新メンバーとなる3期生12人は、2016年9月の加入以来、続々と台頭。18thシングル『逃げ水』では、大園桃子と与田祐希がWセンターに抜擢されたほか、3期生だけで『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』や『AGESTOCK2017 in TOKYO DOME CITY HALL』といった大型ライブイベントの大トリを務めるなど(TIFは一部1期生&2期生もサプライズで登場)単独での露出も目立ち、グループ全体の層の厚さや次世代が育っていることを印象づけた。

◆6年目にして初ミリオン達成


2012年にデビューした乃木坂46は、昨年11月リリースの16枚目シングル『サヨナラの意味』から、今年10月リリースの19枚目シングル『いつかできるから今日できる』まで4作連続ミリオンを達成。6年目にして初の快挙となった。

◆初東京ドーム公演&アジア初進出


11月7日・8日に『真夏の全国ツアー2017 FINAL!』として、初の東京ドーム単独公演を行い、各日5万人、2日間で10万人を動員。

さらに、11月24日にシンガポール『Suntec Singapore International Convention and Exhibition Center』で開催された『C3 AFA Singapore』にて、公演を開催し、アジアにも初進出した。

◆白石麻衣が前人未到の記録 写真集フィーバーが止まらず 


2月に発売された乃木坂46・白石麻衣の写真集『パスポート』(講談社)が、1年を通して発売からほぼ毎月重版を繰り返すという超ロングセラーを記録。1万部売れればヒットと言われる写真集業界だが、12度目重版し、累計発行部数が25万部を突破(11月29日現在)し、“今世紀最大”のヒットを記録した。

齋藤飛鳥、橋本さん、秋元真夏、桜井玲香、衛藤美彩、若月佑美、新内眞衣、堀未央奈、松村沙友理、与田がそれぞれソロ写真集を発売し、白石に続き軒並みヒット。『パスポート』発行の講談社の販売担当者によると、“清楚でおしゃれ”な魅力が若い女性からも支持を集めているといい、写真集ランキングを乃木坂46メンバーが独占するという“乃木坂46現象”を巻き起こした。

◆今年もファッション誌モデルが続々誕生


また、これまでに引き続き、メンバーは軒並み女性ファッション誌の専属モデルやレギュラーモデルとして活動し、白石らは大型ファッションショーの常連の顔に。これまで『Ray』『LARME』で白石麻衣、『non-no』で西野七瀬、『CanCam』で松村沙友理、『sweet』で齋藤飛鳥、『Popteen』で川後陽菜、『Zipper』で北野日奈子(同誌は今月号で休刊)が活躍していたのに加え、今年に入って『NYLON JAPAN』で桜井玲香、『美人百花』で衛藤美彩、『ar』で堀未央奈、さらに3期生からは初となる『Seventeen』で久保史緒里が、各誌の専属モデル・レギュラーモデルに決定した(※2月にグループを卒業した橋本奈々未は卒業まで『CanCam』で活動)。

◆「あさひなぐ」舞台&映画…西野七瀬が女優業進出


メンバーの女優業も続々と目立ち、齋藤主演で舞台『あさひなぐ』を5月に上演、西野主演で映画『あさひなぐ』を9月に公開。乃木坂46メンバーが主要キャストを演じ、同一作品を同時に舞台&映画化するというプロジェクトが話題を呼んだ。

さらに、11月には西野が、2018年1月クール放送の土曜ドラマ24枠『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京/2018年1月13日 深夜0時20分〜放送スタート)で野村周平とW主演を務めることが発表。髪を20cmカットし、人生初のショートカットで挑むことや、過激なシーンも多い原作のことから、西野の新境地に放送前からファンの期待が高まっている。

◆レコード大賞


そして、「第59回輝く!日本レコード大賞」にて、西野と白石がWセンターを務めた17枚目シングル『インフルエンサー』で優秀作品賞を初受賞。初ノミネートにして大賞を獲得した。

また、大みそかに放送される「第68回 NHK紅白歌合戦」にも3年連続で出演する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)