有村架純、2年連続紅白司会で昨年とは違うプレッシャー?二宮和也と相葉雅紀の違いも明かす<紅白リハ1日目>

【NHK紅白歌合戦・有村架純/モデルプレス=12月29日】「第68回 NHK紅白歌合戦」の総合司会を務めるウッチャンナンチャンの内村光良、紅組司会を務める有村架純、白組司会を務める嵐の二宮和也が、音合わせ・リハーサルが行われている東京・渋谷のNHKホールにて、報道陣の取材に応じた。

【さらに写真を見る】内村光良、二宮和也とともに会見に登場した有村架純

昨年に続き2年連続の紅組司会となる有村。昨年の白組の司会は相葉雅紀だったため、二宮との違いを聞かれると、有村は「相葉さんは本当に一生懸命でがむしゃらにステージに立っていた方でした。二宮さんはいい意味でマイペースで自然体。緊張しているんだけどそれをあまり感じさせないので、リラックスしてできる。相葉さんは一緒にに頑張ろうというタイプでした」と比較した。

◆有村架純、2年連続紅白司会で「プレッシャーを感じる」


今年は“2回目だから”と声を掛けられることが多いため、「2回目のプレッシャーを感じる。2回目だからこそ、しっかりしなくちゃ」という気持ちだという。

さらに、昨年はヒロインをつとめたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の撮影と紅白歌合戦の司会の準備が同時進行だったため、「今年はこれだけ(司会)に集中できるので、より言葉を伝えていきたい」と意気込み。また、今回、紅組司会特別企画『ひよっこ 紅白特別編』が行われるが、先日撮影したそうで「すごく楽しかった」と笑顔を見せ、「懐かしい気持ちになったので、みなさんにも楽しみにしていただけたら」と視聴者にメッセージを送った。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」


今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)