SHISHAMO、ブレイクに実感 紅白初出場で「びっくり」<紅白リハ1日目>

【NHK紅白歌合戦・SHISHAMO/モデルプレス=12月29日】3ピースロックバンドのSHISHAMOが29日、「第68回 NHK紅白歌合戦」の音合わせ・リハーサルを東京・渋谷のNHKホールで行い、報道陣の取材に応じた。

【さらに写真を見る】SHISHAMO、ブレイクに実感 紅白初出場/ソロショットあり

今年初出場を決めたSHISHAMO。ボーカル・ギターの宮崎朝子は「まだ正直本当に出るのかなって思っています。今日になって急に年末感がでてきて『本当にもしかして(紅白に)出るのかも』とそわそわしてきた」と率直な感想を話しつつ「初めてのことばかりで。テレビに出ることあまり慣れていませんので、戸惑っていますが、悔いのないように頑張りたいです」と意気込んだ。

今回「明日も 〜紅白2017ver.〜」歌唱の際、トランペット・トロンボーン・テナーサックスの3楽器からなる“高校生ホーン隊”とスペシャルコラボ。宮崎は「初のステージを高校生と出来て嬉しいなと思っています」とにっこり。顔合わせは初だったと言うが「音がでかい(笑)。あんなにたくさんの人と演奏したことが無かったので、音の迫力にびっくりしました」と笑顔を見せた。

◆1年を回顧 ブレイクに感謝


今年、テレビCMを機にお茶の間に一気に知名度が広がったが、この1年を振り返り宮崎は「今までライブに来ていなかった層にも知ってもらえた。曲を作って、ライブをやって、と活動自体はかわらないのですが、(ファン層が)本当に広がった年でした。ありがたい」とブレイクの実感をを噛み締めつつ感謝。

最後に「(見どころは)曲を聞いてもらえたら良いかな?曲を聞いてもらうことを一番大事に活動しているので」と紅白の見どころをアピールした。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」


今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)