渡辺直美、紅白は「異常空間」 AI「笑いすぎて歌えなくなった」<紅白リハ1日目>

【NHK紅白歌合戦・AI×渡辺直美/モデルプレス=12月29日】歌手のAIが29日、お笑いタレントの渡辺直美とともに東京・渋谷のNHKホールにて「第68回 NHK紅白歌合戦」の音合わせ・リハーサルを行い、報道陣の取材に応じた。

【紅白リハの様子】AI×渡辺直美、歌唱曲は「キラキラ」

◆AI、渡辺直美とのコラボが楽しすぎて歌えなくなる


昨年の紅白楽屋裏トークでの共演をきっかけにコラボ楽曲制作に発展したというAIと渡辺。

AIは渡辺について「楽しすぎて。(渡辺が)見るたびに笑わせてくれる」と明かし、「リハは笑いすぎて歌えなくなったので、本番は見るけどあんまり見ないようにしたい(笑)」と笑顔全開で意気込み。「多忙な中でレコーディングしていただいて、一緒にできてすごい光栄だった。踊りもできて歌もできて、モノマネもできて…、なんだ歌も上手いのか!と思いましたよ」と渡辺に太鼓判を押した。

一方の渡辺は昨年、渡辺は特別企画コーナー『紅白 HALFTIME SHOW』に出演し、ビヨンセになりきり“エア熱唱”したが今回はAIとともに“初”歌唱することに。「本当に“異常空間”というか…」とAIの褒め言葉にも恐縮しきりで、「めちゃくちゃ緊張するんですけど、AIさんが横にいてくれるのでなんとか歌えてますけど、本番まで調整していきたい」と信頼を寄せた。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」


今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)