TOKIO城島茂、“後輩”岡田准一を祝福&自身の結婚は?山口達也は「養育費払えなくなる」と仕事に意気込む<紅白リハ1日目>

【NHK紅白歌合戦・TOKIO/モデルプレス=12月29日】TOKIOが29日、「第68回 NHK紅白歌合戦」の音合わせ・リハーサルを東京・渋谷のNHKホールで行い、報道陣の取材に応じた。

TOKIO、SMAPの記録塗り替える

リーダーの結婚は?と聞かれた城島茂は「かみさんの話をここでしたかったんですけど、カミセンが先になっちゃったので…」と、後輩V6の岡田准一が宮崎あおいとの結婚したことを交えながら話すと、メンバーから「(コメント)用意してますねー」「後輩を出しに使う」と突っ込み。すると、城島は「おっかだびっくり」とダジャレで笑わせた。

会場を盛り上げていた城島だが、「(TOKIOが)先輩グループになるんですけど、同じ釜の飯を食べた、ここまできた仲間、同期なので、岡田くんは(年齢が)離れてますけど、同じジャニーズのグループとして喜ばしいことだなと」と真面目な表情で祝福した。

城島と山口達也がオーディションに立ち会って合格したのが岡田だそう。その話を聞いた松岡昌宏は「オーディションして受かった人が結婚してね。すごいね」と驚いた。

◆山口達也は「養育費払えなくなる」


再来年20周年を迎えるTOKIO。ライブをやりたいそうだが、国分太一は「お客さん入るかな(笑)」と不安気。すると、「フリーライブでもしようかな」(長瀬智也)、「自分らでチケットさばいてね」(松岡)と冗談トークを交わしていると、山口は「ちゃんと働かないと養育費払えなくなるから(笑)」と自身の離婚をネタにしながらコメント。「あと15年は現役で頑張るから」と笑わせつつも、再来年のライブに向けて意気込みをみせていた。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」


今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる二宮が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)