1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

生瀬勝久&蒼井優が初タッグで見せる唯一無二の「アンチゴーヌ」とは?

日本を代表する演出家・栗山民也が演出を手掛ける舞台「アンチゴーヌ」が、蒼井優、生瀬勝久ら豪華キャストにより1月9日(火)の東京・新国立劇場を皮切りに、全国5カ所で上演される。

【写真を見る】蒼井の力強さが感じられるメインビジュアル

フランスの劇作家ジャン・アヌイの「アンチゴーヌ」を原作とした本作は、法と秩序を守り権力者として政治の責任をつらぬこうとする冷静な王・クレオン(生瀬)と、クレオンに命を懸けて立ち向かおうとする若干20歳のアンチゴーヌ(蒼井)の対立を描く。

「今回を逃したら二度と見られない!」と豪語する生瀬に、本作に懸ける思いや役者としての生き方について聞いた。

■ 目指すは唯一無二の「アンチゴーヌ」

――「アンチゴーヌ」を読まれてどうでしたか?

せりふの量などもそうですけど、役者として自分に負荷のかかるお仕事だと思いました。クレオンというキャラクターを演じるにあたり、自分の持っている価値観だとか表現力をフルに活用しないと演じ切れないと思いました。

――クレオンは冷酷というだけではなく、アンチゴーヌに対する愛情を感じられる部分もありますが、クレオンとはどんな人物だと思われますか?

皆さんは今までクレオンを演じた役者さんを見て、きっと“冷酷な王クレオン”という説明が出てくると思うんです。でも、ジャン・アヌイは“冷酷”とは書いていないんじゃないかと。演じてきた今までの俳優さんがそういうふうに演じてきたか、もしくは宣伝の人がそう書いた方が分かりやすいと思って書いたんだと思うんです。

基本、蒼井さんの演じるアンチゴーヌをどう説得するかですかね。国王として、一応は身内であるけど、その身内の彼女を王としてどう更生させるかだと思うんです。だから、僕は蒼井さんを説得するつもりでやるつもりです。僕と蒼井さんが作り出す、唯一無二のものになればいいのかなと思います。どこかステレオタイプの今までの「アンチゴーヌ」とは違って、「あの2人の(「アンチゴーヌ」)はすごかったね」って言ってもらえるのが一番の醍醐味(だいごみ)ですね。

■ 生瀬ならではの作品に対するスタンスとは?

――どういう作品に望まれる時も、そういうスタンスですか?

自分は自分じゃないですか。だから今の自分が、いろいろなところで人と違うと思うんですが、それを突き通せば唯一無二の芝居が出来ると思っているんです。だからなるべく自分の価値観でクレオンを組み立てて、栗山さんに方向性などを指示していただければ、誰にも負けないクレオンができると思っています。だから、演出家と自分の解釈を大切にしているんです。

――憧れはないんですか?

だって、憧れてもなれないんだもん! で、憧れてまねしても、まねしているうちは届かないと思うので。例えば逃げ道として、いろいろなものに憧れていろんなもののいいところを身につければ、また別の生命体になるんじゃないかなとは思いますが。

――そのスタンスは、若いころから変わっていないんですか?

いや、変わったと思います。自分が一番面白いと思っていた時期もありましたし(笑)。

■ 蒼井は舞台の空気を変えられる女優

――共演の蒼井さんの魅力は何だと思われますか? 舞台「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」(2009年)では、監督と役者という立場でお仕事されていますが…。

あのビジュアルは、天使が舞台に上がってきた感じはしますね、あれこそ誰にもまねできない! 彼女もやろうとしてやっているんじゃないんだと思うけど、蒼井さんと同じような背格好で同じ衣装の人が出てきた時とは絶対に違うんですよ。あの横顔と色白とあの目とトータルバランスなんですよね。もう、演出していて、うらやましかったですね(笑)。舞台の空気がガラッと変わりますからね。せりふを言っていないのに、スピード感とか。

――今回はどうですか?

今回はそういう人を相手に芝居をするわけですから、僕の持っている武器って何だろうなと。僕はしゃべっていくらなんで、声なんじゃないかと。僕、前回、演出した時は蒼井さんに偉そうにしていましたからね(苦笑)。なんであの時、あんなに偉そうにしていたんだろうと今になっては思います。

――栗山さん演出の舞台は3回目ですね。

栗山さんの演出は理路整然としていて本当に分かりやすく、なおかつ丁寧でふに落ちる演出。役者にとって、「なぜ、こういう駄目が出るのか?」っていうのが役者に伝わるところですね。あとは、きちんとふに落ちるだけのバックがあるというか。きちんとお勉強されているし、あとは熱ですよね。「この作品をこうやりたい!」ということがはっきりされている方ですね。

■ 生瀬は家でも役者!?僕は“スーパーマン”なんです(笑)!

――劇中では、クレオンの感性が立場によってそれが変わっているのが見え隠れします。ご自身もバラエティーやドラマなどいろいろなところに出演されて、立場によって求められる振る舞いとかが違うと思うのですが、そこのところのバランスってどうされているんですか?

僕はすごく楽しんでいます。子供ができてからの僕の立場って、「父親をどう演じるか?」なんです。子供の前で何を演じるかなんです。だって、「子供は親の背中を見て育つ」って言うじゃないですか。背中を見せるのではなく、何を伝えるかだと思うんです。「どうして勉強しなきゃいけないの?」って子供に聞かれたら、納得する説明をしなきゃいけないんです。だから、僕は悪い部分もあるけど、その悪い部分を子供に見せちゃいけないんです。うちは男の子なんですけど、僕は彼にとっての“スーパーマン”でなければならない! 世界で一番素晴らしい人を演じているんです!! まだ完璧ではないんですけどね。

■ 他人の感性を信用することにしています

――先ほどからお話しをお伺いしていると、“ナチュラルボーンアクター”という感じがしました。

ありがたい! 充実しているんだと思うんです。いろいろなことをやらせていただいて、でもそれも自分の手柄だと思うんですけどね。仕事を断らなかったという。だって、断っていたら、きっと自分の好きなことしかやらなくて自分のやらないところは経験しないわけじゃないですか。

僕は洋服買いに行くと、店員さんに服選びを任せるんです。自分で選ぶと、色もシルエットも自分の好きなものになっちゃうんです。でも、服を見るのは自分じゃなくて他人なので、自分にはない感性で人に選んでいただいたら、自分には絶対できないコーディネートが広がるんです。

つまり、洋服選びでもそうなんですけど、自分がいいと思うことは、知れているんです。だったら、他人の感性をもっと信用してそこに身を投じた方が人間っていうものはもっと広く、客観性を持ったものとして存在できると思います。

――本作は舞台が十字架になった変わったつくりになっているのですが、注目してほしい部分はどこでしょうか?

見どころはお客さんにお任せですよ。あえて、こちらからは言いません。皆さんがこれまで見てきた演劇とは違うものをお見せするつもりですし、目の前に役者がいるというのは、この舞台の見どころでもあります。

あと、蒼井さんと僕という、今までタッグを組んだことのない俳優でやります。これを見逃すと一生蒼井さんと僕の「アンチゴーヌ」は見られないと思いますので、お見逃しなく!(ザテレビジョン)

Let's block ads! (Why?)