TWICE、紅白初出場に意気込み 安室奈美恵出演に喜びも<紅白リハ1日目>

【NHK紅白歌合戦/モデルプレス=12月29日】韓国の人気ガールズグループ・TWICE(トゥワイス)が29日、「第68回 NHK紅白歌合戦」の音合わせ・リハーサルを東京・渋谷のNHKホールで行い、報道陣の取材に応じた。

【さらに写真を見る】TWICE、紅白初出場に意気込み 安室奈美恵出演に喜び<紅白リハ1日目>

韓国グループの紅白出場は、11年のKARA、少女時代、東方神起以来、6年ぶり。

モモは「初めてなので緊張しますが、皆さんに元気を与えられるように、もっと私達TWICEのことを知ってもらえるように頑張ります」と意気込み。赤と白の2色を基調とした衣装で登場したが、ジヒョは「紅白ということで赤と白にしました。あたたかく見守って頂けたら」と笑顔を見せた。また共演が楽しみな人を問われると、サナは「私も紅白を幼いころから家族と見ていた。お母さんとともに安室奈美恵さんのファンだったので(出演が発表され)びっくりしました」と喜び、「沢山のアーティストの方を見て吸収して勉強したいです」と目を輝かせた。

また来年、日本ツアーも控えることもあり、ミナは「来年ももっとTWICEを知って頂けたら」と抱負を語った。

◆TWICE


TWICEは、日本人メンバーのミナ(兵庫県出身)、モモ(京都府出身)、サナ(大阪府出身)をはじめ韓国、台湾出身のメンバーで構成された9人組。韓国では、デビューから1年2か月足らずで、最も権威のある賞のひとつ「第31回ゴールデンディスクアワード」大賞を受賞するなど多くの功績をあげ、今年6月28日にベストアルバム『#TWICE』で日本デビューを果たした。

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」


今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)